TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、東尾修による滑舌の悪い野球解説が分かるようになる「スピードラーニングならぬ東尾ラーニング」

伊集院光、東尾修による滑舌の悪い野球解説が分かるようになる「スピードラーニングならぬ東尾ラーニング」

2014.05.27 (Tue)
2014年05月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の伊集院光が、文化放送の野球中継『文化放送ライオンズナイター』における東尾修による滑舌の悪い野球解説について語っていた。

伊集院は、最初は何を言っているか分からなかったが、聞いているうちに感情や内容が分かってくるようになり、その変化は「一度、そのような脳内の回路が出来上がると聞き取れるようになった」のではないかと説明。

さらに、その様子はまるで聞き流すだけで英語が堪能になると宣伝中のスピードラーニングならぬ、「東尾ラーニング」であると語っていた。

東尾修―吼えろ!反骨のプロフェッショナル
東尾修―吼えろ!反骨のプロフェッショナル (名球会comics (20))

伊集院光:先週、テレビで「♪Let it go」「♪Let it go」って聴いてたら、この「クソ袋」のテーマ曲に使わせてもらってる『便秘のブルース』の途中に、「Let it go」って言ってるっていうことが聞き取れるようになりましたっていう、喜びの声があったんですけどね。

石川遼くん並みの(笑)ラーニング効果があったっていう。ラーニング効果で最近気づいたのは、カードによってはなんですけど、僕は文化放送のライオンズナイターを聴いてるんですね。基本、パ・リーグをやってくれますから、ライオンズナイターをよく聴くんですけど。

そうするとね、理子パパの(笑)俺たち世代からすると、理子パパ扱いの時、凄い(違和感)あるじゃん。理子パパ扱いの東尾修大投手が、凄いイラっとくるんですけど。解説で東尾さん来てる時の…なんですかね(笑)へべのれけな感じ(笑)

幻惑のスライダーです(笑)現役時代のスライダー(笑)ギリギリのスライダーの滑舌できますから。なんつったら良いんですかねぇ…何を言ってるか分からない時があるんですよ。

「ぅぃぅぇぉ…ぅぃぅぇぉ…ふぉ!!」ってウチのラジオの感度のせいもあるかも知れないけどね(笑)僕、電子ブロックで作ったヤツだから。学研の付録のゲルマニウムラジオのヤツなんで(笑)そのせいもあると思うんですけど。

途中で、上機嫌だってことは分かったりするんですけどね(笑)ただ、それを何回も聴いてると、東尾ラーニングで(笑)

「岸もあれだけ良いカーブがあるんだけど、あれだけ良いカーブが活かせないのは、やっぱりリードの問題だ。バッターもストレートかカーブの2択で振ってくるわけだから、それを裏をかきつづけるのは難しいので、あのカーブのボールになるやつを投げないと、バッターに読まれちゃうよ」…って言ってるって(笑)

ラーニング力がスゲェ上がってる(笑)東尾愛と耳が学習するんだよ。よく言いますよね?英語も日本で勉強しても、アメリカで勉強しても一緒じゃないかって言うけど、やっぱりアメリカで留学して勉強してる内に、ある日、耳が慣れてきて、凄い聞こえるってことが、「♪Let it go」と東尾ラーニングで証明されて(笑)

一回、東尾さんの解説を受け取る耳ができ上がりますとね、回路が…茂木健一郎先生が説明してくれると思いますけど、そのシノプシスができると、もう大丈夫というか(笑)言語以上のフィット感ができてくるって感じですよね(笑)

もう、既に一言喋り始めた感じで「怒ってる」とか(笑)「球数制限も良いけど、気持ちとかエースの自覚ってあるだろう」…って思ってるみたいな(笑)凄い入ってきたっていう(笑)

まぁ、分からないけど機嫌良いときは「孫可愛い」って言ってるんだろうなって(笑)これは合ってるか分からないけど、「孫可愛い」ってことで良いですって(笑)

【関連記事】
ナイツ塙、野球中継の視聴率改善のため「選手の人生などの裏側を紹介するのはどうか」と提案

野球解説者・田淵幸一が語る、強くなる組織論「腹を割って話し合うところから始めよ」

徳光和夫、野球中継を切り捨てたテレビ局を批判「視聴率至上主義が野球をダメにした」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,東尾修,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事