TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田が語る-「ピンポン!」小森谷徹

爆笑問題・太田が語る-「ピンポン!」小森谷徹

2009.02.11 (Wed)
ピンポン [DVD]2009年02月11日放送の「爆笑問題 カーボーイ」にて、「ピンポン!」の新聞コーナーでお馴染みの小森谷徹について語られていた。「新聞マエストロ 小森谷徹」などとテロップ紹介される小森谷だが、そんな彼について、学生時代からよく知る爆笑問題の二人が語っていた。

小森谷は、日本大学藝術学部出身であり、学部は異なるが爆笑問題と同じ大学だった。その頃の彼について、太田は「後輩のクセに、『光ちゃん、頼むよ~』などと言ってくる奴で、最初は『何だ、コイツ』と思った。だけど、頭も良いし、勉強も出来る。その上、企画力もあった」と、その能力をかっていたようだ。

ところが、「あいつは悪い奴でね。女の子を騙して、二股なんかしていた。男として許せなかったね。俺の知り合いの子も、二股掛けられていた」と曝露していた。「その子は、小森谷と同じく群馬県出身。俺は最初から二股かけられているの知っていたけど、彼女は知らなかった」と話していた。

「しばらくして、小森谷が二股かけているのを知った彼女が、俺の所に電話をかけてきた」と太田は語った。そこから、以下のようなことがあったそうだ。

「彼女が、俺の実家に電話を掛けてきた。もう泣いているんだよ。もちろん、『二股かけているのは最初から知っていた』なんて言わなかった。『え!ホントに?』と驚いた振りをしてね。彼女を慰めるために、食事に行こうと誘った」と太田は話した。

「チャンス!と思ったね。付け入ってやろうと思って」と、下心があったことを太田は語った。「バイクを走らせて、表参道へ向かった。そこで一緒に食事をしたんだ」と言った。食事を奢った後、彼女は「海が見たい」と言ったそうだ。

「バイクに乗せて神奈川まで行こうと思った。けど、ヘルメットがない。友達に電話をかけたけど、誰も出なかった」と太田は苦々しく語った。そこで、「ゴメン、帰ってくれるかな?」と太田は、彼女と海に行くのを断念したそうだ。

「電車で行くのでは、ダメなんだよ」と強いこだわりがあったようで、バイクで行くことに執着した結果、残念そうな表情の彼女を見送ったそうだ。小森谷徹も、もしかしたらこんな一件があったことを知らないのかもしれない。

【関連記事】
本当は腹黒い?石塚英彦

北川弘美が、意外な過去を曝露?


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:ナイナイ岡村流「俳優たちとの付き合い方」

前の記事:本当は腹黒い?石塚英彦

本日の注目記事