TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、相方・太田に隙を見せられないワケ「隙があると殴られる」

爆笑問題・田中、相方・太田に隙を見せられないワケ「隙があると殴られる」

2014.05.14 (Wed)
2014年05月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、相方・太田に隙を見せることができない、と語っていた。

ふとした瞬間、気が緩んでいたりすると急に太田が殴ってきたり、転んだ人に太田は襲いかかるという。そんな習性があるため、太田がいる場面では、田中は隙を見せることができないという。

なぜ太田がこんなことをするのかは、学生時代にルーツがあるという。そのエピソードについて語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:今日もまた、太田さんの特徴を1つ見つけましてね(笑)

太田光:なんですか。今日もNHKのロケでしたからね。ロケバスに乗ってましたね。

田中裕二:ロケバスの中、狭いじゃないですか。

太田光:狭いんですよ。

田中裕二:俺がちょっと移動したときに、膝をガンって補助椅子の角に当てちゃって。

太田光:うん。

田中裕二:「いててて…」って言ってたんですけど、その時に太田さんが思いっ切り殴るんですよ(笑)

太田光:ふふ(笑)

田中裕二:俺、なんとなく「来る」っていうのは分かってたから(笑)今まで、意識したことはないんだけど、「痛い!」って言った瞬間に、多分、殴られると分かってるから(笑)

太田光:踏んだり蹴ったりだね(笑)

田中裕二:アレが特徴で(笑)親しい人間が失敗した時に、さらにとどめを刺すのが特徴なんですよ(笑)

太田光:転がってる時に、さらに蹴る、みたいな。

田中裕二:そう。転んだ時に、さらに蹴る、みたいな。絶対にあるじゃん。

太田光:自分がとどめを刺さなきゃいけないって思うから。

田中裕二:普通、「大丈夫?」とか「うわ、痛そう」って感じじゃん。

太田光:ムカつくんですよ、痛がってるのが(笑)

田中裕二:そう。痛がってたり、失敗を許さない。似たような時が、コップを倒したときね。

太田光:あぁ(笑)

田中裕二:ああいうヤツ。飲み物が倒れて、こぼしたときとか、普通、「あぁ~…」って、とりあえず被害が広がらないように、なんかティッシュをやったりするけど…

太田光:被害を受けにいきますからね。

田中裕二:被害とかそういう話じゃなくて、「テメェ、何やってんだ!」みたいな(笑)スゲェ責め立てるよね。アレね。アレはなんだろうね(笑)

太田光:自分がこぼした時は、傍観者になるから。

田中裕二:傍観者(笑)自分がこぼしたときは、「ごめん」とか「あらら…」とか一切、言わない。こぼしたまんま(笑)

太田光:「広がれ」って思ってますから(笑)

田中裕二:もう、なんか「当然だ」みたいな(笑)

太田光:その流れの先に行きたいの、俺は。

田中裕二:なんだ、それは(笑)

太田光:人が転んだら、さらにもっとイヤな目に遭わせようと思って。

田中裕二:なんでだよ(笑)

太田光:その流れなら、その先に。俺は先頭にいたいわけ。

田中裕二:分からない。全く意味が分からない(笑)アレ、必ずやってくるよね。あと、たとえば撮影中とかにクシャミとかしちゃうでしょ。生理現象みたいな時にも厳しいわけ(笑)

太田光:うん。

田中裕二:「そうなんですよね~…クシュン」「何やってんだよ!」って(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:超怒ったり、バシバシ叩くよね。なんだろうね、アレ(笑)特徴なんだよね。子供の頃から、多分、そうだったんだろうね。

太田光:殴るっていうのはよくやってましたね。ゲンコで思いっ切り殴るとか。

田中裕二:小学生の頃?

太田光:小学生、中学生の時には、それが当たり前。男の子は大抵、そうですけど、中学校のときはとにかく、3人いたんですよ。殴るやつが。俺と他の2人。

田中裕二:そいつらは、不良とかケンカっ早いヤツとかじゃないんでしょ?

太田光:そうじゃないけど、よくケンカしました。殴り合いを。

田中裕二:あぁ。

太田光:その延長線上で、ケンカになるってことがよくあったんですよ。それで、休み時間とかも、隙があるヤツがダメってルールで。3人の中では。

田中裕二:うん(笑)

太田光:隙あらば、思いっ切りボディを殴って良いって。それは、殴られたヤツが負けってことで(笑)

田中裕二:ただのガキだよ(笑)

太田光:だからもう、休み時間とかも別々のグループにいたんだけど、スーパーカー消しゴムで遊んでたり、キャッチボールしてたりするんですけど、気が休まらないんですよ。いつくるか分からないから。

田中裕二:そうだね。

太田光:スーパーカー消しゴムとかやってると、後ろから思いっ切り、横腹を殴られたり。だから、何度もありますよ。しばらく息できなくなったり。10分くらい床にうずくまることもあったし。

田中裕二:うん(笑)

太田光:静かに近づいてボディを入れますから。

田中裕二:その名残があるんだよね。

太田光:たまに本気でカチンとくることがあって。

田中裕二:そりゃそうでしょ。楽しく友達と話してるのに、いきなり殴られて(笑)

太田光:大騒ぎですよ。それこそ、加藤勝みたいな状態になるんですよ。教室中の机なぎ倒して大ゲンカになるんですよ。

田中裕二:なるだろうね(笑)

太田光:冬に、ストーブの上のお湯、熱湯じゃないですか。そこに、おもちゃのトンカチみたいなのを入れて。

田中裕二:うん。

太田光:相当入れてたんですよ。そろそろかなって思って、それを後ろ向いてるヤツの首筋に(笑)

田中裕二:ダメだよ。傷害だよ(笑)

太田光:「うわぁ!…テメェ!」って。

田中裕二:そんなことじゃないから(笑)凄いよね。なんなんだろうね、加減を知らない感じ(笑)

太田光:2人で殴り合ってたら、「帰れ!帰れ!」って。

田中裕二:クラスメートからすれば、当たり前だよね。ヒドイよね。なんだろうね、あの加減のなさって。

太田光:子供はバカですからね。

田中裕二:みんな、1回2回はあったかもしれないけど、そこまでじゃないよ(笑)「ここまでやったらシャレにならない」みたいなのあるけどね。

太田光:トンカチ付けたヤツは、その3人じゃなかったから(笑)怒って当然なんですよ。でも、その3人のルールみたいなのがあって。

田中裕二:トンカチのやつは、相当だよ。大やけどするかもしれないから。

太田光:俺としては、向こうもやりたければやれば良いと思ったからね。

田中裕二:未だに、お前にその隙を見せられないっていうのはあるからね。

太田光:隙を見せちゃダメですよ。

田中裕二:隙を見せても良いんだよ。そこで、お前がやってきちゃダメなんだよ。なんか殺気を感じることがあるんだよ。だから、俺も意識してないけど、でも長く一緒にいるわけじゃないですか。過去の経験上、「この空気、なんだろう」って時があるんだよ。

太田光:そこ、重要ですよ。それを感じ取ることが重要。

田中裕二:いやいや(笑)要らねぇんだよ、本来(笑)本来要らないんだけど、備わってるよね(笑)

【関連記事】
爆笑問題・太田、映画『アナと雪の女王』合唱上映に「日本では根付かない文化だと思った」

爆笑問題・太田「若手時代に放送した今では考えられないブラックなネタ番組」

爆笑問題・太田、タモリの安倍首相への皮肉に「痛快だった」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中、『ルーズヴェルト・ゲーム』のモデルとなった会社の社長と親戚「父親も勤めていた会社」

前の記事:爆笑問題・太田、めちゃイケ「阿呆方さん」への批判に「代理人が抗議することで小保方晴子を守ることにはならない」

本日の注目記事