TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の感想「半沢直樹にルーキーズの要素を足したもの」

伊集院光が語る、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の感想「半沢直樹にルーキーズの要素を足したもの」

2014.05.06 (Tue)
2014年05月05日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人の伊集院光が、TBS系で放映中のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(毎週日 21:00 - 21:54)についての感想を語っていた。

伊集院光は、『ルーズヴェルト・ゲーム』に抱く印象としては、『半沢直樹』に『ルーキーズ』を足したようなものであり、かつ『半沢直樹』に登場した香川照之演じる大和田常務に非常によく似たキャラクターが登場することを指摘していた。

ルーズヴェルト・ゲーム
ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

伊集院光:『ルーズヴェルト・ゲーム』を観ました。『ルーズヴェルト・ゲーム』は、1回目も観たんですけど、なんていうのかな…俺の予想する企画会議で、『半沢直樹』がウケたな、と。男っぽい内容の、銀行のドロドロみたいな、恋愛も絡まないようなドラマはウケない、と思ってたけど、『半沢直樹』がアレぐらい視聴率とったってことは、男っぽい内容はとるね、と。

「今まで、ちょっと男々してて嫌ってたヤツをやっても良いんじゃねぇの」みたいな話と、「ただ、『半沢直樹』の二番煎じだけでは弱いから」ってことで。『半沢直樹』の最終回、42%でしょ?多分、もう調子に乗っちゃってるから、「68%くらいいきたい」って話になると思うんですよ(笑)

68%くらいまでいくには、何か付けた方が良いってことで。俺が思うには、『半沢直樹』と『ルーキーズ』を2つ足したっていう(笑)それで、女子の客層にウケなくて大丈夫だって判断で作り始めたもんだと思うの。

結果、10数%くらいでしょ?結果、そんなもんなんだけど、そんな作り方のドラマって、もう出ないような気がするのよ。だって、これでまた反省しちゃうじゃん。「やっぱり、あんな男々しちゃダメだな」って。今のところ、2話くらいで恋愛要素、1 mmも出てこないから。基本的には、銀行と大きな工場の中での色んなゴタゴタの話だから。

それでいて、もうあんだけ堂々と「また『半沢直樹』やりたいな」っていう(笑)『半沢直樹 2』をやれば良いんじゃねぇの?っていう感じのやり方とか。あそこまで、フルチンな感じっていう。フルチンな感じは二度と起きないんじゃないかって観始めて。

これは二度とないと思うんだよね。あそこまであからさまなヤツは。だから、今は『半沢直樹』+『ルーキーズ』が、どういう風になっていくのかっていうのと、あとは、大和田常務みたいな人が出てきて、「大和田常務っぽくやってください」って言われてる感じの(笑)大和田常務 2が出てきてんのよ。大和田常務の香川照之さんがまた出てるんだけど、それがまぁ大和田常務(笑)

こんなに『半沢直樹』を知らない俺が、大和田常務っていう(笑)絶対に次の『感謝祭』の引っ掛け問題で出るよっていう(笑)「どっちでしょうか?」っていうくらいの、大和田常務っぷりに一回転して清々しさを覚えて。ちょっと『ルーズヴェルト・ゲーム』を観て。

【関連記事】
伊集院光が語る、映画『アナと雪の女王』に見る最新のCG技術と映画への応用の難しさ

伊集院光「『安堂ロイド』があったからヒットできた『半沢直樹』の可能性」

伊集院光が語る「半沢直樹を潰す24時間TVマラソンのゴール」

東野幸治「半沢直樹にハマりまくるホンコン」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ルーズヴェルト・ゲーム,半沢直樹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事