TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 深夜の馬鹿力 2008年度の「珍言・妄言集」

伊集院光 深夜の馬鹿力 2008年度の「珍言・妄言集」

2008.12.30 (Tue)
2008年12月29日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、今年の放送分の中で語られた珍言・妄言について語られていた。まずは伊集院自身が覚えているものとして、「レタスおじさん」「いたちごっこ」「深海魚」などについて語られていた。

他にも、ディレクター・プロデューサー池田氏から「妖怪味噌ふぐり(実際はブリーフ味噌)」が挙げられていた。また、リスナーから送られてきた、FAXで知らされたものを含めると、以下のようなものがあったようだ。

レタスおじさん:2008年7月21日放送分(第666回)
いたちごっこ:2008年7月7日放送分(第664回)
野菜貯蔵庫に閉じこめられる:2008年11月24日放送分(第684回)
深海魚:2008年12月22日放送分(第688回)
妖怪ブリーフ味噌:2008年5月26日放送分(第658回)
ポンコロン:2000年9月18日放送分(第258回)
スキップおじさん:2008年09月16日(第674回)
安室奈美恵コンサートを襲うヤマカガシ・カナブン:2008年12月15日放送分(第687回)
アピヨン星人:2008年9月1日放送分(第672回)
吉幾三王国:2008年10月6日放送分(第677回)
ハイライトおじさん:2008年6月30日放送分(第663回)
イエスマン:2008年02月19日(第644回)
村長と昆虫図鑑:2008年6月9日放送分(第660回)
コンクリートの穴に嵌められる:2008年5月12日放送分(第656回)


こうしたものが生まれるきっかけになったのは、以下のようなトーク内容に関連してのようだ。

みょうがおじさん:2008年5月26日放送分(第658回)
妖怪ブリーフ味噌:2008年5月26日放送分(第658回)
実写版「ゲゲゲの鬼太郎」にぬりかべ(声のみ)で出演した。その際に、不意に出てきた新キャラクター。

鳥小屋俊太郎:2008年7月21日放送分(第666回)
砂場姫:2008年7月21日放送分(第666回)
レタスおじさん:2008年7月21日放送分(第666回)
欲しいパソコンのソフトがあって、それぞれ30万円と40万円する。プロが使うからそれくらいするのはわかるが、アカデミックパックだとやたらと安くなる。それぞれ6万円と10万円になる。そこで、学校に通ってアカデミックパックでソフトを買えばいいのではないか、と思いつく。そこで学校の思い出話を語っている内に、鳥小屋、砂場などの場所が思い出されて、上記のようなキャラクターが生み出された。

いたちごっこ:2008年7月7日放送分(第664回)
2時までに、CMをいれないといけない短いフリートーク時間で生まれた「いたちごっこ」という遊び。ガンバの冒険が出典のようである。

野菜貯蔵庫に閉じこめられる:2008年11月24日放送分(第684回)
うまいと評判のラーメン店にいったが、中華三昧の麺のおいしさを越えない。といった話から、中華三昧を作ってくれた母親のことを思いだし、ほぼ創作の思い出話を語り出した。

深海魚:2008年12月22日放送分(第688回)
M-1チャンピオンの話を語って、それに際して「自分のツラがワイプで抜かれると、打ち上げられた深海魚のような顔になっている」と話し出した。

ポンコロン:2000年9月18日放送分(第258回)
この話だけは2000年放送分。病弱だった兄が、検査などに際して出されていた食事。

スキップおじさん:2008年09月16日(第674回)
HDDレコーダーのスキップ機能の話になり、そこで登場してきた新キャラクター。スキップしている間におじさんに目を奪われ、シーンを飛ばしてくれている。オジサンは、一回につき10円払って貰える。

安室奈美恵コンサートを襲うヤマカガシ・カナブン:2008年12月15日放送分(第687回)
そのまま。安室奈美恵のコンサートに行って、その説明で現れた珍現象。

アピヨン星人:2008年9月1日放送分(第672回)
24時間テレビを視聴しているときに、突如おもいついた異星人。エド・はるみが「グー」と言うたびに、ばたばたと死んでしまう。東原亜紀が応援すると生き返る。名前の由来は、天才バカボンに出てきた異星人。

吉幾三王国:2008年10月6日放送分(第677回)
シーテックのテレビ最新技術の見本市に行った際、「テレビじゃねえ」「ラジオじゃねえ」という言葉に反応して登場。

ハイライトおじさん:2008年6月30日放送分(第663回)
タバコをやめてよかったことは、「ハイライトおじさんに吸い殻を肛門にねじりこまれなくなったところ」。または、「マルボロメンソールライトおじさんに、たばこの箱の銀紙を丸めて肛門に入れられなくなったところ」だそうだ。

イエスマン:2008年02月19日(第644回)
携帯電話の機種変更の際、自分の契約していたコースはすでになく、新しいコースの方が得だというのでそのままイエスマンになって頼んだ、ということから。
用法:「イエスの国からやってきたイエスマン! 『地球を下さい』『イエス!』」

村長と昆虫図鑑:2008年6月9日放送分(第660回)
昆虫について詳しいのは、昆虫図鑑を幼少の頃に読んでいたから。その背景として、母親から「押し入れで大きな声で図鑑を読んでなさい」といわれ、その間に母親は村長と…という話。

コンクリートの穴に嵌められる:2008年5月12日放送分(第656回)
母親が伊集院少年を怖がらせるため、「コンクリートの穴に嵌められる」という話をされていたということから。

【関連記事】
伊集院光 深夜の馬鹿力 トーク集

『伊集院光 深夜の馬鹿力』検索エンジン


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事