TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る、素人発掘系の番組を見直す面白さ「オネエ告白前のKABA.ちゃんの映像にある違和感」

伊集院光が語る、素人発掘系の番組を見直す面白さ「オネエ告白前のKABA.ちゃんの映像にある違和感」

2014.04.08 (Tue)
2014年04月06日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、dos時代にテレビ東京の番組『ASAYAN』に出演していたKABA.ちゃんのVTRを振り返った際、感じた違和感について語っていた。

半分少女 僕とアタシ―KABA.ちゃんフォト&エッセイ集
半分少女 僕とアタシ―KABA.ちゃんフォト&エッセイ集

伊集院光:テレビのこういう見所を俺は忘れてたって、気づいたことがあって。『浅草橋ヤング洋品店』の後に、『ASAYAN』あるじゃん。

コムロギャルソン(笑)『ASAYAN』の話をすると、みんなモーニング娘。の話まで飛んじゃうんだけど、その前。小室哲哉さんが、つんくの前、小室哲哉さんがブームの仕掛け人としてプロデューサーやってた頃に、『ASAYAN』からいっぱいデビューしてるわけですよ。

俺が出た番組(12日放送予定『開局50周年!テレビ東京“50人の証言”』16:15 - 18:00)では、証言者として、モーニング娘。に関しては、保田圭さんが来てて。コムロギャルソンに関しては、KABA.ちゃんが来てて。また頭が長いカツラをかぶって(笑)

分かんないんだけど、オネエはいいわな。そういう趣味で、そういう人だから。でも、頭を長くする意味があんまりよく分からないよね(笑)それで、ひとくくりで、「KABA.ちゃんも、あの人も、この人もオネエ」ってことになってますけど、頭を長くするっていう、全然違うジャンルのことが入ってますね(笑)

そのKABA.ちゃんが、当時のことを振り返って話をしてて。当時のVTRが流れてるわけ。あの時はKABA.ちゃんは、dosっていう、女2人と男1人のユニットで、小室哲哉プロデュースのメンバーで。ダンスがめちゃくちゃ上手い男性として出てたわけ。

でも、KABA.ちゃん曰く、当時からKABA.ちゃんの心の中は女の子らしくって。当時、全然、俺らは気づかない、知らないわけ。それで、もちろん、途中で「あれ?」っていうことは、無くはなかったけど、初っ端の頃のVTRを今、横に完全に女装して頭を長くしているKABA.ちゃんがいて観ると、スゲェ手がかりがあることに気づくの。

ほんの一瞬なんだけど、まずKABA.ちゃんの踊り自体のクネリ方も、意外に女性的なんですよ。でも、それ自体は「そういう振付けだ」って言われれば、そういう振付けって分かるけど、KABA.ちゃんが家で寝てるところに、KABA.ちゃんの自宅に突入するっていうドッキリっていうか、ロケがあるわけ。

当時、俺は視聴者目線で、しかも穿った見方をしてるから、「そういうのってヤラセだろ」って思うわけ。「そんなの、行くわけねぇじゃん。いきなり、自宅に」って思ってるんだけど、KABA.ちゃん曰く、「マジできた」と。マジで来て、来た家に、男性と同棲をしてた、と(笑)もう既に。

「ヘタしたら、自分が出る前に男性が出ちゃう可能性があったから、凄い焦った」みたいな話を一ネタとして喋ってるわけ。でも、そのネタはパッケージとして安心できる1つネタを持ってきたなって思って。

「そうそう、このシーンなんですけどね」って。KABA.ちゃんが話始めたから、それに関してはKABA.ちゃんの持ちネタの1個と思って見てたんだけどね。

VTRを観てると、それが本当にガチだっていう裏付けと、もう一個、当時、俺がこのことを知ってたら、絶対に引っかかってたと思うんだよね。ピンポーンって押したら、KABA.ちゃんがドア開けて出てきて、カメラにビックリするの。それで、KABA.ちゃんは、上半身裸に、肩から長いタオルを掛けてる状態で出てくるわけ。

そこで、カメラに驚いて、チクビを隠すの。"男"だったら、その反応はないよね。その反応は、絶対にないよね。「THE 男」だったら、その反応はないじゃん。今のKABA.ちゃんを知ってて、KABA.ちゃんは本当はそうだって分かって観てると、凄く納得がいくのよ。それで、KABA.ちゃんの言ってた「このロケがガチだ」っていうのも、凄く分かるのね。

その観点から『ASAYAN』のVTRを観てると、俺らはそんな想像も付かないことだから。そういうことってあったんだなぁって。1人、その『ASAYAN』のコーナーだけ、そこばっかり気になって(笑)トークより、ずっとそれ見ちゃってて。人の面白さ、みたいなね。

別に、どんな形の性も平等だから、それはKABA.ちゃんの自由意志だし、そこの問題ではなく、隠したい人、知らない人、それを分かってる人、みたいな。その感じが面白くて。

KABA.ちゃん自体は、その時のことを喋ってるけど、「自分は男性と同棲してて、その男の人が出ちゃったらどうしようって思ったんですぅ~」って言ってるわけ。ポシュレの店長は、長い頭で言ってるわけですよ(笑)そう言ってんだけど、それは逆に、隠したい人の意識だからそうなっちゃってるんだけど、こっちはそこに男が出てきても何とも思わないよね。

そこに男が出てきても、「あぁ、友達と一緒に暮らしてるんだ」としか思わないよね。自意識の中で、周りに差別意識がある中で、「このことがバレたら、人気も終わっちゃうんじゃないか」って怖さがあるから、男の友達が出ちゃうことを凄い怖がってるんだよね。

でも、こっち側はそんなの全然関係ないじゃん。でも、こっち側が気づくのは、「あれ?なぜあそこで、胸がはだけてることを気にしてんだ?」って。むしろ、そっちだよって。

【関連記事】
伊集院光「声優・三ツ矢雄二にみるオネエ系タレントの掟」

オードリー・若林「どこでも不評なクリス松村の空気の読めなさ」

オードリー・若林「ピーター宅のオネエ鍋会に参加する」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,KABA.ちゃん,テレビ東京,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事