TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林が語る、Hi-Hi岩崎が楽観主義になるしかなかった衝撃の出来事

オードリー若林が語る、Hi-Hi岩崎が楽観主義になるしかなかった衝撃の出来事

2014.03.23 (Sun)
2014年03月22日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、同じ事務所の先輩芸人であるHi-Hiの岩崎一則が、物事に対して楽観的になった衝撃の出来事について語っていた。

Hi-Hi/靴
Hi-Hi/靴 [DVD]

若林正恭(以下、若林):コンビのどっちかがネガティブで、どっちかが楽観的っていうのは、結構、良いバランスだと思うのよ。オードリーもそうだけど。

春日俊彰(以下、春日):うん。

若林:2人で真剣に話し合えちゃうポテンシャルがお互いにあると、結構、マイナスの方面にいったりしてんじゃん。

春日:まぁ、そうだね。

若林:どっちかが「どうでもいいや」って言うのは、話をするより、話にならないって方が強かったりするじゃないですか。

春日:うん。

若林:そんな話になって。「ガンちゃん(Hi-Hi 岩崎一則)って、いつから楽観的になったの?」って話になって。「小学校の時だね。ハッキリ覚えてる」と。

春日:え?

若林:「これは、考えてもしょうがない。楽観主義で行こう」って思った日々を覚えてる、と。

春日:きっかけがあったの?

若林:うん。あったんだって。

春日:珍しい人だね。

若林:小学校2年生なんだって。

春日:早いね。

若林:担任の先生がいて、帰りの会の時のことだったんだって。ガンちゃん当時、凄い太ってて。

春日:うん。

若林:今の時代だったら、大問題になることですよ。「おい、岩崎、前に出ろ」って言われて。

春日:うん。

若林:前に出させられたんだって。それで、お金無かったから、体操服で学校通ってたらしいんだけど、「体操服脱げ」って言われたんだって。

春日:うん。

若林:体操服脱いだら、みんなの前で裸なわけよ。太ってて。

春日:うん。

若林:それで先生が、上半身裸のガンちゃんを指さしながら、「おい、いいかみんな。岩崎みたいに太るなよ…席もどれ」って言われて。

春日:ふふ(笑)最悪だな(笑)

若林:戻りながら服を着たんだけど、こんなことがあるなら、考えてたら埒が明かないと思ったんだって。

春日:小2の容量じゃ、抱えきれなかったんだ。

若林:今だったら、大問題だよな。でも、そういうのあったよな。

【関連記事】
Hi-Hi「18年間、売れないのに芸人をやってこれたワケ」

オードリー・若林「Hi-Hiのブレイクによる芸人への影響」

Hi-Hi・上田「月収8千円でオードリー春日に金を借りた」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,岩崎一則,Hi-Hi,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事