TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ ブラマヨ小杉が教える、妻の出産に立ち会うときの心構え「余計なことをせず、八つ当たりされに行く」

ブラマヨ小杉が教える、妻の出産に立ち会うときの心構え「余計なことをせず、八つ当たりされに行く」

2014.03.17 (Mon)
2014年03月15日放送のテレビ朝日系の番組『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツッ!』(毎週金 23:15 - 24:15)にて、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一(以下、小杉)が、妻の出産に立ち会う際に、あるべき心構えについて語っていた。

話の発端は、第一子が誕生したロバートの秋山竜次(以下、秋山)が、自身の妻の出産に立ち会った、と語っていたことだった。

ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! 3
ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! 3 [DVD]

秋山:「最初、立ち会うのはちょっと…」って思ってたんですよ。見て良いものなのか、と。できることなら、見ずに仕事入ってくれって思って。

吉田敬(以下、吉田):うん。

秋山:立ち会えることになったんですけど、やっぱり立ち会って良かったなって思いましたね。

吉田:あぁ、そう?

小杉:どういう方向の立ち会い?

秋山:肩越しです。

吉田:そんなんあるの?A席B席みたいなの。

秋山:そんなのないですよ(笑)

小杉:聞くところによると、肩越しからの席と、砂かぶりの席があるって聞いて。

秋山:砂かぶり(笑)

吉田:ふはは(笑)

秋山:僕は肩越しです。向こうは見えない状況で。

吉田:となると、ホンマにお前の奥さんから出てきたかは100%ではないわけやな。

秋山:他にどっから出てくるんですか(笑)

小杉:そんなんお前、料理番組やないんやから(笑)「一晩おかしたのが、こちらなんですけどね」みたいなことあるか(笑)

秋山:ちゃんとしっかり立ち会いましたよ。水とか飲ませるのをやって。あそこ、何をやって良いか分からない空気なんですよ。結局、応援するしかできないじゃないですか。

吉田:うん。

秋山:空気が、女性専用車両じゃないですけど、男がいると「このダンナ、ちゃんとできるダンナなの?」って感じで見てくるんですよ。数々のデータの中で、ケータイいじりながらのヤツもいたでしょうし、そういうのも頭にあるんでしょう。だから、「ちゃんと出来る人なんですか?」って感じで見られるんですよ。

吉田:あぁ(笑)

秋山:だから、ちょいちょい水を飲ませたり、汗を拭いたりしてるんですけど、なんかあまりにも重々しい空気になってるから。長いし、本当に嫁がつらそうで。会話した方が良いんじゃないかって思って。助産師さんに、「これ、長いものなんですねぇ」って言ったんですよ。悪気じゃないんですよ。

吉田:ふふ(笑)

秋山:悪気じゃないんですよ。でも、「奥さんは頑張ってるるんです!」って怒られて。「奥さんは、一人で頑張ってるんです!」って。

吉田:はっはっはっ(笑)

秋山:それくらい良くないですか?凄い空気になってるから、陣痛と陣痛の間にミニトークできないかなって思って話をしたら、怒られて。

吉田:うん。

秋山:でも、たまたまかなって思って。もう一回、トークしようと思って。水をもらえるんですよ。産婦人科で。何回も飲むから無くなって。水をとりに行ったんですね。そこで、助産師さんにすれ違ったから、思い切って「これ、結構、水飲むんですね」って言ったら、「妊婦さんは喉乾いてしょうがないんです!」って。

小杉:お前、最低やな。

秋山:そんなつもりじゃないんです。もう目の敵ですよ。

小杉:下調べが足りひんねんって。

秋山:下調べってなんですか。そんなのしてたら、のぞきじゃないですか。

小杉:違う違う。誰が体験立ち会いに行けって言うた(笑)それは文献があんねん。「立ち会った男のワースト5の行為」とか。「立ち会った男のベスト5の行為」とか。それを読んだよ、立ち会う前に。

秋山:へぇ。

小杉:そのワースト5に、まさに「時間が長い発言」が入ってんのよ。

秋山:マジっすか(笑)

小杉:お前らはまだ「結構、長いっすねぇ」やけど、最低なダンナやったら、頑張ってる奥さんに「まだ?」って訊いたりとか。「ちょっと、タバコ吸ってきて良い?」とか。

秋山:そういうのがいっぱいあるからなんですね。

小杉:俺なんかは、色んな文献読んで行ったから、そういうのせぇへんかったで。ダンマリ決め込んでたから。

秋山:それはそれでダメなんじゃないですか(笑)

吉田:何しに行ってんの?腹立つやろ、嫁からしたら。「何しに居てんの?」って。

小杉:だから、そういう「イライラを受け止める役だ」って書いてあるのよ。助けようと思ったらアカン、要らんことせんでえぇねん。全てが腹立つから。「八つ当たりされに行け」って書いてあったから。

秋山:なんとなく分かります。あまりにもイライラきてたら、直接言うと、「そんなこと分かってるわ!」ってなるじゃないですか。痛いし。だから、本当に困りましたよ。「だ、だ…大丈夫だよな?」って。

小杉:段々、言うこと無くなってきて(笑)

秋山:「大丈夫?」って、何百回言ったか(笑)「大丈夫だよな?」って。

小杉:色々なこと考えてたら、段々言うこと無くなって。居ることしか出来なくなって。それで、居ることしかでけへんって思って、手を握ってたのよ。手をにぎるしかなくて。

秋山:はい。

小杉:頑張れって思いが強すぎて、手を握りすぎて、「痛いねん、それも!」って言われて(笑)言葉もアカンし、行動もアカンかったもん。

秋山:テニスボールでおさえるのあるじゃないですか。アレ、マジでテニスボール使うんですよ。それ用の医療用具ないんかい!って思って。

吉田:ホンマやね(笑)

秋山:本当に「DUNLOP」って書いてあるヤツなんですよ。それ用のヤツ作れ、黄色くなくていいだろ!って思って。

吉田:赤ちゃん本舗くらいから出してくれよ、と(笑)

秋山:ちゃんとボールなんですよね。それでおさえて(笑)

小杉:立ち会って良かった?

秋山:良かったです。何が良かったって、壮絶過ぎて。まず見ておいて良かったなっていうのと、もし見てなかったら、何年後かに嫁さんと揉めたときに、「まてよ。このダンナ、あの壮絶なヤツ見てねぇんだ」って思うと、だいぶ男が下ですよ。

小杉:どんな考え方やねん(笑)

吉田:出た瞬間ってどうやったの?泣くとかあるやん。

秋山:もう、衝撃的過ぎて泣けなかったです。「可愛い」って感じじゃなくて、「うわ、出てきた出てきた」って思って。ほぼ俺と同じような感じで。髪も体液でポマードみたくなってるし。生まれたてのときって、黒いから、日焼けした感じにもなってるし。顔もパンパンだし、ほぼ俺が出てきたって思って(笑)衝撃でしたよ。人間が出てきたことに。

吉田:泣くとかじゃないよな。

秋山:泣く感情じゃないです。

吉田:小杉は泣いてるんですよ。

小杉:奥さんが、(会陰を)縫ったりしなきゃアカンから、その時だけあずかって。その時に、泣いたな。「俺の子供なんやな」って思ったら、じわってきたな。

【関連記事】
ロバート秋山が語る、梅宮辰夫がくれた粋な出産祝い

マツコ・デラックス「最近の女性は、自分の人生設計を甘く見過ぎている」

ブラックマヨネーズ・小杉竜一「男女の浮気の違い」

小島慶子「夫婦ゲンカで妻が謝らない理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ロバート,秋山竜次,小杉竜一,吉田敬,出産,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:ロバート秋山が語る、梅宮辰夫がくれた粋な出産祝い

前の記事:小籔千豊や千原ジュニアら、靖國神社でのロケを敢行「よく許可がおりたな」

本日の注目記事