TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、大島優子の一言でアカデミー賞授賞式でのスピーチ中に焦る

オードリー若林、大島優子の一言でアカデミー賞授賞式でのスピーチ中に焦る

2014.03.09 (Sun)
2014年03月08日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・若林正恭が7日に東京・グランドプリンスホテル新高輪内で行われた『第37回 日本アカデミー賞』授賞式でスピーチを行ったことについて語っていた。

若林は、プレゼンターの大島優子とともにステージに上り、そこでスピーチを行ったが、そのスピーチ中に大島優子が言った一言に焦ってしまった、と語っていた。

大島優子1stフォトブック 優子
大島優子1stフォトブック 優子 (講談社MOOK)

若林:円卓にいたら、係の人に「インタビューがあります」って言われて、なんだなんだってついていったら、ニッポン放送のラジオのアカデミー賞特番があって。

春日:あぁ、なるほど。

若林:そこで、大沢さんとかの顔もあったから、ちょっと落ち着く部分もあって。パーテーションで区切られた、2人だけの席があって。そこがやっぱり俺には向いてんのよ。それで超ホッとしたもん。

春日:うん。

若林:そこで、大島優子さんと、寿つかささんと3人で話をするんだけど、そこで緊張解けたの。

春日:あぁ、良かったね。

若林:なんでこんなにリラックスして喋れるのかなって思ったら、寿つかささんが、めっちゃ緊張してたんだよね。

春日:やっぱり、自分より緊張してるのを見るとね(笑)

若林:大島優子さんに緊張してたんだと思うんだろうけど。

春日:うん。

若林:俺もノッちゃって(笑)緊張があった分、抑圧が解除された分、「スピーチ、いきますよ」みたいなことを言っちゃって。

春日:うん。

若林:それでリラックスできて、円卓に戻ったんだけど。そしたら結構すぐに、大島優子さんいなくなって。ってことは、もうプレゼンターとして行ってるってことだから、一気に緊張してきて。

春日:うん。

アカデミー賞受賞式でのスピーチ
若林:えー…若林です。

西田敏行(以下、西田):はい、存じ上げております。

若林:ありがとうございます。かつてない、場違い感を感じているんですけども。この映画はですね、犬の命をテーマにした映画だったんですけども。僕はちょっと、犬が苦手でしてね。トレーナーの人について、頑張って撮影させていただいた甲斐がありました。

この賞は、オールナイトニッポンのリスナーの投票ということで、リスナーの方、リトルトゥースに感謝したいと思います。ありがとうございました。

西田:これからも若林さんは、役者業にドンドン進出されていかれるおつもりですか?

若林:お話があれば、台本を読んで決めたいと思います。

西田:偉そうだ(笑)

若林:本当にすいませんでした。

西田:おめでとうございます。
若林:…スピーチの時にね、意味の分からないドッグトレーナーについて話をして、ありがとうございましたって話をして(オードリー若林、アカデミー賞授賞式で強烈な場違い感「アイドルがM-1に出るような」)。

春日:うん。

若林:その終わり手前くらいで、大島優子さんが「真面目っ(笑)」って言ったんですよ。

春日:うん。

若林:その時に、「ヤベェ」って思った。

春日:うん(笑)

若林:それは、寿つかささんに、「決めますよ」って言ってるから。それを大島優子さんが聞いてたからね。だから、何か言ってくれるんだろうなぁって思ってたところ、意味が分からないドッグトレーナーについての話が終わって、「ありがとうございました」だから。

春日:思わずね。期待してくれてたんだね。

若林:結構、その後も西田敏行さんとの絡みのところで、大島優子さんが入ってきてくれて、イジってくれて、凄い助かってね。

【関連記事】
オードリー若林、アカデミー賞受賞式で大スベリ「人生の3大スベリに入った」

オードリー若林、アカデミー賞受賞式の登場シーンで失笑される「綾野剛、オダギリジョーときて若林」

オードリー若林、アカデミー賞授賞式で強烈な場違い感「アイドルがM-1に出るような」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,大島優子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事