TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 構成作家・渡辺雅史氏が童貞を卒業

構成作家・渡辺雅史氏が童貞を卒業

2008.10.28 (Tue)
2008年10月28日放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』にて、構成作家の渡辺雅史氏が、童貞を卒業していたと報告されていた。しかも、相手はお店の女性などではなく、一般女性で3ヶ月前からのお付き合いがあり、10月23日の夜、そうした行為があったのだという。

この事実を伊集院光やプロデューサー池田氏などが聞かされたのは、番組開始の数時間前。伊集院が、「スポーツジムのプールで泳いでいたとき、ipodシャッフルをゴーグルに連動させられるキットを付けていた。すると、それを『どこで買ったんですか?』と妙齢の女性に質問された。声を掛けられたことで、少しいい気になってしまい、ドヤ顔で『個人輸入で買ったんですよ』、といった話を始めたところ、急に相手が興味なくなってしまった。やっぱり、オレはもてないな」といった話をしていた時だったという。

もともと、あまりフリートークのネタがない、といったことで伊集院は困っていたのだという。そこで、渡辺氏が「あ、最近オレ童貞卒業しました」と急に話し出したそうだ。もちろん、その場は騒然としたが、『どうぞ、イジってください。そして、このネタを使ってください』といった表情に、伊集院は詳しい話を聞き出すのがためらわれたのだという。

渡辺氏は、「余計なことにも、首をつっこまなければダメですよね。そうしなければ、なにも始まらない」と、まるで人が変わってしまったかのような発言をし、なぜだかモテる男の立場に急に立っていたのだという。

伊集院は「渡辺君のバージニティーは、すでに個人の物ではなくなっている。もはや番組のものだ。そのバージニティーは、アイドル声優並に面倒なもの」と、童貞卒業をかなり悔やんでいる様子だった。

ちなみに、渡辺氏とその彼女の出会いなどは、以下のようなものだったという。

出会いは、3ヶ月前のファミレスだったようだ。そこで、彼女がノートPCの『駅すぱあと』で道のりを確認していたが、上手くいかずに困っている様子だったのだという。そこで、渡辺氏が「お困りですか?」と声をかけたのがきっかけだったそうだ。

渡辺氏といえば、番組を聴く者で知らない人はいない『電車バカ』。その特性がうまいこと彼女をつくることに結びついたようだ。その後、デートを重ねてドライブなどに行ったのだという。だが、『彼女が出来た』とは伊集院などに一切口外せず、童貞卒業後に初めて告げたそうだ。

33歳、オタク…まるで電車男のようなその展開に、リスナーは驚愕し、そして勇気づけられた人もいたのではないだろうか。一方で、局によせられたFAXは、「裏切り者」と反発する声が多かったようだが…。

【関連記事】
伊集院光 深夜の馬鹿力 トーク集

伊集院光の仕事を知らぬ間に減らしていた?構成作家・渡辺


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事