TOPたまむすび ≫ 映画評論家・町山智浩「アカデミー賞受賞式でジム・キャリーがレオナルド・ディカプリオに向けたメッセージ」

映画評論家・町山智浩「アカデミー賞受賞式でジム・キャリーがレオナルド・ディカプリオに向けたメッセージ」

2014.03.05 (Wed)
2014年03月04日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、今回のアカデミー賞受賞式で、ジム・キャリーが語ったコメントについて、その裏にあるメッセージがレオナルド・ディカプリオに対するものではないか、と語っていた。

トゥルーマン・ショー
トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

赤江珠緒(以下、赤江):ディカプリオさんも、今後、アカデミー賞獲れないって言われてて、今回も獲らなかったじゃないですけ。

山里亮太(以下、山里):ハマらないですね。

町山:ディカプリオはね、本当に一生懸命、アカデミー賞を獲れるような映画を自分でプロデュースして作ってるんですよ。

赤江:はい。

町山:どの映画も、俳優としては凄いんですけど、ノミネートもされなかったりするんですね。

山里:なんでですかね?

町山:分からない。嫌われてるのかもしれないですね。見た目では分からないから、裏で怒られるようなことをディカプリオしてんじゃないかって。

山里:ふふ(笑)

町山:会員の彼女とっちゃったりとか。

山里:それくらいで?(笑)

町山:だって変なんだもん。ディカプリオが嫌われる理由が、表面に出てこないんだもん。

山里:町山さんから観ても、出ている映画や演技も凄い良いんですよね。

町山:凄いですよ。

赤江:『華麗なるギャツビー』もね。衣装デザイン賞は獲ってるんですけどね。

町山:彼の周りで、どんどん持って行かれて、彼だけ獲れないっていうのが続いてますよ。

山里:へぇ。

【関連記事】
映画評論家・町山智浩による「難解映画 アイズ・ワイド・シャット」の謎解き

町山智浩が解説する「ハリウッドを巻き込むウディ・アレンのスキャンダル」

映画評論家・町山智浩が語る、サイテーな男の半生『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』

町山:今回は、獲れるんじゃないか、と。『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』で。だけど、マシュー・マコノヒーが『ダラスバイヤーズクラブ』で、鬼気迫るほど体重を減らして、骨と皮になってエイズ患者を演じたんで、それに比べるとディカプリオは逆で。

赤江:はい。

町山:高級な食べ物を朝から晩まで食べて、女の子はべらかして、楽しさの限りを尽くしてますから。それと、餓死限界まで頑張った人と比べてると、それは楽しいことをしている人は、獲れないでしょ(笑)

山里:楽しいっていう役をやってただけで、めちゃめちゃ楽しんでいたってことではないですからね(笑)

町山:分からないけどね。見た目、楽しそうに見えるじゃない。3時間、ずっと悪いことしてるだけですよ、ディカプリオは。ありとあらゆる悪いこと。凄いことになってますよ。それを観て、「この人に賞をあげよう」って思うかっていうと、一生懸命、頑張ってる人にあげようって思いますよね。

赤江:マシュー・マコノヒーは、だいぶ戻ってらして。

町山:まだ大分、痩せてますよ。昔はもっと、筋肉モリモリだったんで。

赤江:へぇ。

町山:自分でインタビューでも言ってましたけど、「昔はバカ俳優だと思われていた」と。

山里:マッチョの(笑)

町山:ラブコメに出ては、腹筋を見せびらかして、やたらとシーツの下から裸で出てきて、「昨日はどうだった?」みたいな役ばっかりだったんですよ(笑)

赤江:あぁ(笑)

町山:女の子のファンを集めるハンサム役者ってことで。まともな俳優と思われてなかった、と。特に、裸でボンゴを叩いて警察に捕まった事件とか、マヌケな事件が多くて。

山里:それは実際の生活?(笑)

町山:実際の生活で。ほとんど、裸族なんですよ。マシュー・マコノヒーさんは。しょっちゅう全裸事件を起こしたり、ジョギングでは必ず上、裸なんで。

山里:珍しくないんですね。

町山:ハリウッドスターって、存在自体が珍しいですけど、この人は、パンツ一枚でよくジョギングしてるんで、あまりありがたみのない人なんですけど(笑)そういう意味で、笑われてた。でも、最近は良い芝居ばっかりして。ガッツリ賞を獲ってったっていうね。

赤江:そうですね。

町山:40過ぎて、ハンサム役者にはそこで壁があって。いい俳優になるための、真面目な良い役をキッチリやってみせないとダメなんですよ。年をとると、ハンサム役って、そんなに来なくなるんです。

山里:はい。

町山:それは30代の人に持って行かれてしまう。そうなると、仕事が無くなっちゃうんです。そういう俳優、結構いて、ジュード・ロウとか、コリン・ファレルとか、30代は二枚目俳優として人気あったんですけど、40代に入って失速してたのは、そういう映画に出損なったからなんです。

山里:あぁ。

町山:演技派に転向しなきゃならなかったのに。ディカプリオは、それを必死にやろうとして、演技派転向のための努力をしてきたんですけど、全然ダメだったんです。あまりにもダメだったんで、何度も引退宣言して。

赤江:そうですよね。

町山:一生懸命しても、全然ノミネートされないから。「ふざけんじゃない、辞める」みたいなことを言ってるんですけど。

山里:はい。

町山:今回、面白かったのは、アカデミー賞のプレゼンターの最初の方で、ジム・キャリーが出てきたんです。

山里:はい。

町山:そこで、ジム・キャリーが「みんな一生懸命やってるね。俺はアカデミー賞にノミネートされようとする努力なんて、もう辞めたよ」って言うんです。

赤江:あぁ、ジム・キャリーが。

町山:ジム・キャリーは、1990年代から2000年代にかけて、物凄いシリアスで渋い映画にいっぱいでて。『トゥルーマン・ショー』とかね。

山里:あぁ。

町山:そういうのにいっぱい出て。『マン・オン・ザ・ムーン』とかですね。演技派としての地位を確立しようとしたんですけど、アカデミー賞に全く相手されなかったので、「もうそういう真面目な映画には出ない」って出なくなっちゃったんです。

山里:あぁ、そうなんですか。

町山:あれは多分、ディカプリオに対するメッセージですね。「お前も、俺と同じで嫌われてるから」って。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ジム・キャリー,レオナルド・ディカプリオ,赤江珠緒,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:久保ミツロウ、AKBメンバー入りを狙う「大島優子の後は、私しかいない」

前の記事:南キャン・山里、ラウンドワンのCM撮影で4時間半待って手しか映ってない可能性

本日の注目記事