TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る、暴露話をするタレントたちの責任「暴露したら自分でケツを拭けよ」

伊集院光が語る、暴露話をするタレントたちの責任「暴露したら自分でケツを拭けよ」

2014.03.04 (Tue)
2014年03月03日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、昨今の暴露話、ぶっちゃけトークブームで、アイドルだったタレントが昔の交際相手を話していることなどについて、お笑い芸人・伊集院光が語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

過去のアイドルの暴露話、ファンへの影響

伊集院光:今さ、テレビが凄いぶっちゃけブームじゃないですか。色んなことを赤裸々に告白するブームじゃないですか。

その中でよく、アイドルの…80~90年代アイドルだった人が、「実はあの時から、男女交際してましたし」みたいな話をするパターンってあるでしょ。アレ、どうなのかね?

聞いてるアイドルのファンだった人はまず、「キツイんじゃね?」って思うわけですよ。それくらいは想像ついてると思うわけですよ。ファンの人はキツイはずって。当時、真剣に信じてたファンの人の気持ちはどうなの?って。

俺らもそうで、俺らゲストでアイドルばりばりの時に、そいつ来てさ、マネージャーとかにちょっと男のニオイのする話をしただけで、「ウチのはそういうことを絶対にしませんから」っていう。「ウチのアイドルの女性器に男根が入ったことなんかございませんから」って(笑)そいつもそいつで、「私の女性器に男根が入ったりしたことはありませんから」みたいな(笑)そんな空気出してくるわけじゃないですか(笑)…当時からぶっちゃけだなぁ(笑)

「こっちも付き合わされる」みたいなパターン、あるじゃないですか。「一緒に守らされたケース」って、いっぱいありますよね。ぶっちゃけブームみたいなのに関して、オッサンはオッサンなりに守ってきたってラインってあるじゃないですか。

番組に出る手段としての暴露話

俺は深夜のラジオなんかやってるから、普通の人が「守れよ」って言ったラインよりは踏み出てる自覚はあるんです。踏み出てきたし、自覚も自負もあるんですよ。俺は踏み出てきたっていうことで。もしかしたら、それを聞いた俺らより前の世代の人は、「アイツ、踏み越えてる」ってことは言ってたと思うんですけどね。

食うや食わずの状態となってる若手、売れてたけど落ちてきてしまったって人たちが、新たな一歩を踏み出して、それが視聴者の人にウケてるとすれば、俺らが「それはダメだよ」とか、「野暮だよ」って言う立場にもいないし、それを言ったらこっちが負けだろっていうところもあるから、それは良いとしてもさ、大本が言い出すケースは、何なの?

『いいとも』のエライ人とかが、この期に及んで「テレフォンショッキングは事前に話を通してました」みたいなのを言い出すじゃん。それはやめてくれない?っていう。

いっぱい出てたゲストの人が、食うや食わずで「俺もう、言わせてもらうよ」っていうのは、俺達が言わなかったところを言ったってことだから、それは悔しいしイヤだけど、いくヤツがいても(しょうがない)って思うけど、エライ人たちで、それを強要してきた人が言い出してしまうと、「何、それ?」ってなるよね。

ホリプロにいたアナウンサーの斎藤陽子(注釈:テレフォンショッキングで"お友達"として紹介した)、仲良くないよ(笑)仲良いワケがないよ、それは(笑)でも、そこは…じゃん。

明かして野暮な話

ある程度のさじ加減で、そこは言わぬが花で、言うのも野暮じゃんって。あの番組自体、「言うのも野暮じゃん」ってところにあったと思うんですよ。言うのは野暮だし、言っても面白くないから、漠然とそのルールの中でいけば良いんじゃないの?ってことになってたじゃん。

たまに、結構、晩年で「それはさ…」ってなってたときに、ベテランの俳優さんとかが過度にルール守っちゃっててさ、「誰から?電話?えっ、タモリ?」みたいな小芝居を入れたりしてて(笑)それを観て、「うーん…ねぇ(笑)」みたいな。ルールはルールだからなって思ってたりしたんですけどね。

そういう人たちに対して、どうなの?っていう。色んなことにも通じてくると思うんだけどね。その辺の、色んな漠然としたルールがあって、それを破ってきた人間は、破ってきた人間なりに、「ここまでは敗れる」みたいなところを覚えて、ある程度、調整してったり。「みんなは破れないと思ってるけど、ここは破れるんじゃねぇの?」ってなってくるじゃん。

その中で、自分で得た肌感覚みたいなものが、ルールだと思って。それ以外の新しいのがくると、「野暮だね」とか。「粋じゃない」「品がない」とか言うんだよね。それが分かっちゃってるから、「それ言ってもなぁ」っていうのはあるんだよね。

暴露した人の責任

ぶっちゃける人が出てきて、「それやっちゃうんだ」っていう。「それをやったからには、自分でそのケツ拭いてくれよ」って時が、凄い思う時があるんだよね。たとえば、「バレバレのドッキリに、タレントは引っかかったフリをするのか?」ってドッキリと、普通のドッキリと同じ番組で放送する感じとかも、あんまり意味分かんないんだよね。

アレ(「バレバレのドッキリに、タレントは引っかかったフリをするのか?」というドッキリ)を、一回でもやった局に関しては、俺はぶち壊しにしても良いんだよね。ドッキリの粗とかに関して、ぶち壊しにしても良いんじゃないのかって思ったりするんだけどね。結局、ドッキリにかかろうがかかるまいが、俺のクソみたいな性格は露呈しちゃってるから(笑)一切、得は無い(笑)

【関連記事】
伊集院光、実態のないネット炎上・批判に「賛成/反対派の実数を調査すべきだ」

伊集院光、声優界のビジュアル重視に待った「声で勝負する人に不幸な時代」

伊集院光「鼻歌で作曲する加藤ミリヤは、なぜ佐村河内守のように批判されないのか?」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事