TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林が語る、芸人辞めるのを思い留めてくれた芸人仲間TAIGAの言葉

オードリー若林が語る、芸人辞めるのを思い留めてくれた芸人仲間TAIGAの言葉

2014.03.02 (Sun)
2014年03月01日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(以下、若林)が、2014年度のR-1グランプリで、本年度のR-1グランプで決勝に進出したショーパブ・キサラでともに下積みを経験した芸人・TAIGAについて語っていた。

あらびき団アンコール
初回限定BOX あらびき団アンコール あの素晴らしい芸をもう一度 [DVD]

前記事(オードリー若林が明かす、R-1準決勝敗退の先輩芸人の言葉「本気で取り組むと、失敗した時に本気で悔しい」)からの続き:

若林:ビッグニュースといえば、R-1にTAIGAさんが決勝に進出したっていう。

春日:そうね。記者会見してたよね。

若林:TAIGAさんは、我々、ショーパブ・キサラで出会って。TAIGAさんが店員の時からですから、12年くらい前になりますか。

春日:そうかもね。

若林:12年前くらいから知り合いですけどね。3,800人の中の12人に選ばれるわけですから。

春日:うん。

若林:凄いですよね。

春日:凄いことですよ。それで、また芸人さんを始めたのが遅いもんね。

若林:そうそう。TAIGAさんに、準決勝が終わった時に、メールしたんですよ。「どうでした?」みたいなの。

春日:うん。

若林:そしたら、「手応えは自分なりにあったんだけど、あとはどうかなぁ」みたいに返ってきて。

春日:うん。

若林:先週のこのラジオの本番前に、TAIGAさんから電話掛かってきて。そのときはなんだろうと思って、普通に出たら、もう号泣してるんですよ。

春日:あぁ。

若林:その時点では、「わかばやすぃ~若林~」って、4回くらい俺の名前を呼ぶんですよ。

春日:うん。

若林:泣いていることは分かるんだけど、そこで50:50だなって。受かったのか落ちたのか。

春日:なるほど、R-1のことなのかなっていうのは分かったのね。

若林:分かった、なんとなく。でも、落ちて泣く人じゃないしなって思って。「受かったんですか?」って訊いたら、「合格したよ、俺さぁ~」って、もう号泣してるんですよ。

春日:うん。

若林:何を喋ってるのか、ほぼほぼ分からなかったんですけど。「やりましたね」って。

春日:嬉しいよね。

若林:そうそう。それで号泣してて。「お前がさぁ、ホントにさぁ、ラジオで名前出してくれたのが支えになってさぁ」みたいなことを言ってて(笑)

春日:嬉しいことよ。

若林:俺、25~6歳の時に永福町の区民プール、和田堀公園プールによく行ってたときに、横が18 mあるんですけど、横を潜水して、最後の向こうの壁まで行けたら売れる、みたいなことをよく2人でやってたんですよ。

春日:よくやるよね、そういうこと(笑)特に若林さん、やるよね(笑)バナナボートで最後まで残ったヤツ、とか(笑)

若林:うん。潜水も、本当に真夏やることないから、毎日、行くんですよ。ネタ作り兼、プールってことで(笑)ノートとペンを持って行って、ネタを考えながら「潜水して、あそこまでいけたら売れる」みたいなのを26~7でやるんですよ(笑)

春日:うん。

若林:始めの頃は2 mくらい手前で浮かんできちゃうんだけど、毎日やってるから、段々、向こうまでいけるようになってきて。

春日:はい、はい。

若林:TAIGAさんが言うには、「俺のほうが向こうまで辿り着くようになったから、俺の方が早く売れた」っていうのを言ってて。

春日:あぁ、はい。

若林:でも、その理論で言ったら、春日はその頃、潜水70 mくらいできたから、売れてなきゃ、天下獲ってなきゃおかしいんだよ(笑)

春日:その理論で言うとね(笑)

若林:「潜水とか、サウナ何分まで入ってられたヤツが売れるとか、そんなのやってた頃が懐かしいですね」って言ったら、「若林さ~ん!本当に潜水とか意味あったんだなぁ」って言うのよ(笑)もう酔っ払ってるから。

春日:うん(笑)

若林:「いや、ねぇよ」って思ったんだけど、泣いてるし。

春日:意味は無いよね。

若林:酔ってんのよ。お酒を飲んでて、その結果、聞いたらしいんだけど。

春日:うん。

若林:それで、バナナボートも夏、春日と行って。俺と春日と、みなさんモノマネ番組で知ってるかな?ビューティーこくぶっていう、ジャパネットたかたの社長のモノマネをする人がいて。

春日:うん。

若林:ダブルネームのジョーも、モノマネ番組出てて。その5人でバナナボート乗るんですよ。「最後まで落ちなかったヤツが売れる」っていって、どんどん落ちて行くんですよ。俺もTAIGAさんも。

春日:うん。

若林:みんな落ちていって、春日だけバナナボートに残ってたってことがあって(笑)

春日:だって、売れるんだもん。残ってたら売れるんだもん(笑)

若林:だから、先に売れなきゃおかしいんだけどね(笑)それで、TAIGAさんだけなんだよね。本当に落ちたままだったっていう人がね。

春日:そうだね(笑)

若林:色々、懐かしいなぁって思って。区民プールで26歳の時に、「もう26歳だし、そろそろ辞めなきゃ…家族的にも、周りからも色々言われることも多くて、もうちょっと辞めた方が良いって思うんですよね」って、TAIGAさんと一緒にいて、プールサイドでそんな話をしてたんですよ。

春日:うん。

若林:そしたらTAIGAさんが、「俺はサラリーマンもやったし、お金スゲェ持ってて、海外旅行もいっぱいグアムとかラスベガスとか行ったのも経験したし、色々経験した…でも、今、お金は無いけどネタ作って人前でネタができて、たまに笑ってくれる人がいるっていう方が、全然、面白いから。絶対に続けた方が良い」って言ったのを覚えてるのよ。

春日:はい。

若林:だから、そういう人だってイメージが、その頃からあって。去年、TAIGAさんと江ノ島の海に行ったのよ。

春日:うん。

若林:それでその時に、海の見えるテラスで、モヒート飲みながらピザを食ってたのよ。

春日:オシャレ(笑)

若林:TAIGAさんが、iPhoneをスピーカーにして、『真夏の果実』を流してたのよ。

春日:ふふ(笑)おお(笑)

若林:その姿を見て、「この人は本当にあの時のまま、ネタをやってるだけで嬉しいんだなって」思ったのよ。

春日:うん。

若林:それで、受かって祝杯上げましょうって、飲みに行ったの。2人で。

春日:へぇ、はいはい。

若林:駅で待ってたら、TAIGAさんが歩いてくるわけ。ニット帽で、ラメのドクロが付いてるわけですよ(笑)TAIGAさんは元々、めっちゃ不良だから。

春日:うん。

若林:超先の尖った靴を履いて(笑)

春日:履いてるね(笑)

若林:ジーパン、お尻のポケットの部分にターコイズみたいなのがいっぱい入ってる。…お前、何笑ってんだよ(笑)

春日:ふふ(笑)

若林:感じ悪いぞ(笑)

春日:そんな細かい描写いらないだろ(笑)それは笑うよ(笑)こっちは、いろいろ思い出して笑うよ。

若林:ブランドのバッグを担いでね。TAIGAさんと飲み屋に行ってね。去年、37歳になったTAIGAさんが、同窓会やるっていうことになったんだけど、会費が5,500円で、みんなに会いたいんだけど、そのお金がなくて、同窓会に行けなくて、親に借りて同窓会に行って、「しんどい」って思ったんだって(笑)

春日:うん(笑)

若林:毎年、「今年こそは売れる」って思ってて。あんなにポジティブで弱音を吐かない人、いないじゃん。

春日:うん。

若林:今年売れる、今年売れるって思ってきたのが、初めて去年の年始に「今年も売れないんだろうな」って思っちゃったんだって。

春日:へぇ。

若林:R-1も早々と落ちて。そこで、1ヶ月ネタを3本おろすライブを毎月やろうって決めて。なんでかっていうと、それは「R-1に合格するためではなくて、そんだけやってダメだったら、諦められる」ってことで、やろうと思ったんだって。

春日:自分で納得いくためにね。

若林:うん。「そんなイメージ、TAIGAさんに無いですけどね」って言ったら、「若林の方が、強いんだよ。人前で、自分が弱いって言えるから」って。「俺は弱音を言い出したら、とめどないんだよね。だから言わないんだよ」って。

春日:へぇ。

若林:「あぁ、そうだったんですか」って。そんな話してて。ケータイが革の、ターコイズが散りばめられたiPhoneが入ってるんだけど。…おい、何笑ってんだよ、感じ悪いぞ(笑)

春日:いや、そこは描写するからよ、そっちが(笑)革とかターコイズとか(笑)それは笑うでしょ(笑)

【関連記事】
Hi-Hi「18年間、売れないのに芸人をやってこれたワケ」

オードリー・若林「Hi-Hiのブレイクによる芸人への影響」

オードリー・若林「売れなかった時期、芸人を辞められなかったワケ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,TAIGA,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事