TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「『深夜の馬鹿力』初代ディレクター・永田守との不思議な縁」

伊集院光「『深夜の馬鹿力』初代ディレクター・永田守との不思議な縁」

2014.01.21 (Tue)
2014年01月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、同番組のディレクター・永田守について語っていた。

永田守といえば、映画界の父ともいわれる永田雅一の孫。そのビッグマウスぶりは「永田ラッパ」とも言われ、永田雅一もエピソードが語り継がれるような人物だったようだが、永田守自身も変わった人物であるという。

ニッポン放送で深夜ラジオ番組を担当し、生放送を行っていた伊集院光のもとへ直接出向き、持参したピザをスタッフに振る舞いつつ、「TBSで番組をやらないか?」と伊集院光を誘ったと言われる。

のはなし
のはなし

伊集院光:この番組の初代のディレクター/プロデューサーの永田守さんってオジさんがいて。そのオジさんの話をしたりしたんだけどね。永田守さんの奥様っていうのが大変面倒見の良い方で、ウチのカミさんは、永田守さんの奥さんと仲がいいから、家族ぐるみの付き合いだったりするんだけどね。

たまたま、永田守さんの家に「新しい犬を飼ったよ」って言われて、その犬を見に行った時に、奥さんから聞いた話なんだけどね。永田さん自身はいなくて。

奥さんの知り合いの人が、この番組をよく聴いてる人みたいなんです。それで、永田守さんがTBSの人だっていうのは、その人も知ってるって状況だったんだけど、この番組で俺がたまに永田守さんの話をするのは、くっつかない状況だったんですって。

この番組で、永田守さんの家の犬が死んじゃったって話をして。永田守さんの名前を出したかは忘れちゃったけど、「知り合いの家の犬が死んじゃった」って話はしたかな。そしたら、ちょうどその話と、「あの永田さんがTBSの人だった」ってことがくっついて。ずっと聴いてた『伊集院光 深夜の馬鹿力』の初代のディレクターである永田守さんだってことが、何年も聴いてて、何年も永田家に出入りしているにも関わらず、ようやくくっついたんですって。

そういうこともあるんだって思うのと同時に、思い出したことがあって。俺、高校の時に、所ジョージさんが書いてる日記の本を読むのが好きだったんですよ。所ジョージさんが、日記をまとめて出版してたんですけど、それを読むのが好きだったんです。

その日記に、"永田のマモちゃん"って人がよく出てきてて。所ジョージさんがやってた『進め!おもしろバホバホ隊』(TBSラジオ 1984年10月8日 - 1986年10月3日)って番組のディレクターの"永田のマモちゃん"って人がいいかげんで面白いって話が出てきてて。

その後、自分が大人になってTBSで仕事するようになって、永田守さんと一緒に仕事するようになったら、しばらく"永田のマモちゃん"=永田守ってことが全然一致しなくて。その後、所ジョージさんが永田守さんと仲がいいってことが、たまたま自分のやってた昼の番組に所さんがきたときに分かって。「あぁ!この人があの本に出てくる"永田のマモちゃん"なんだ」ってことを急に思い出して。そういうのが二層、三層に起こって面白かったですね。

【関連記事】
伊集院光「池田プロデューサーが離婚していた」

石橋貴明が語る「マッコイ斎藤との初めての出会い」

水道橋博士が語る「メチャクチャだった演出家・テリー伊藤」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,永田守,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事