TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ゲームにおけるDLCややりこみ要素は不要」

伊集院光「ゲームにおけるDLCややりこみ要素は不要」

2014.01.21 (Tue)
2014年01月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、最近のゲームにおけるDLC(ダウンロードコンテンツ)ややりこみ要素について、不要であるという見解を示していた。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

伊集院光:『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』って3DSのゲームソフトをクリアしたんですけどね。つくづく思ったのは、短いんだ。

謎解きの温度が相変わらず相当良くて。ちょっと詰まると、自分のマズさを棚に上げて、「ネットとか攻略本で調べたら、『そんなの分かるワケねぇじゃん』ってことになるんだよね」とか思って。「あ、でもこういう風にやったらどうかな…ダメでしょ」なんていって(笑)

「だいたい、理不尽なんだよね、こういうのって。そんなの分かるわけないじゃん的なヤツか、相当な手練なゲーマーにしかできない…とみせかけてこうなんじゃねぇの?…ダメか」みたいな感じのが何回かあって。でも、不意にクリアできたりするんですよ。

他のゲームだと、その時に、さっき言ってたみたいなグチグチ言ったりするんですけどね。「こんなの分かるわけねぇじゃん」って。ネット見たり、攻略本を見たりして、そんな風に思ったりするんですけど、『ゼルダの伝説』のときには、「なるほどね」ってなるんですよ(笑)さっきまでの怒りはどこへやら、「なるほどね」って(笑)そのバランスが凄く良くて。

そのバランスのものを散りばめていっても、限界はあるわけ。かなり自由度も高いんだけど、限界はあって。終わってみると、「割りと早く終わっちゃったな。もっとやりたかったな」っとは思うんです。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』をプレイした人は、「えらく早く終わっちゃったな」って思う人はいるかもしれない。そのために、2週目みたいな「ハードモードで遊べますよ」っていうのはあるんだけど、そういうのは俺はあんまりやる気がないタイプなんで、終わっちゃったから、構成作家の渡辺くんに「ゼルダ、面白かったからやれば」みたいな(笑)小3か、俺ら(笑)

目の前で渡辺くんがプレイしていると、死んだ音とか聞こえるじゃん。それで「分かんねぇよ。なんなの、これ」みたいのを言ってるのが凄く面白くて(笑)その後に、「あぁ、そうか!」ってなってると、こいつも同じだなって思って(笑)

俺も解き終わって、構成作家の渡辺くんも解き終わって思うのは、俺が今の時代のオジさんだからかもしれないけど、今って、やりこみ要素とか、ネットでどんどん追加コンテンツが増えていって、終わらないゲームってあるじゃん。延々と終わらないゲームってあるけど、アレを俺は求めてないなって。

「終わった~」っていう、終わった時の寂しさとか、ゼルダの謎がこれ以上、用意されてないっていう寂しさと、終わったっていう充実感。そういう混ぜこぜになった感じが俺は好きなんだなって。もちろん、無理難題として早く続編が出て欲しいと思うし、もっとやりたいって思うんだけど。

だからといって、長くやるためのやりこみ要素を俺が欲しいかというと、俺は欲しくはないし、「やりこめ」って言われて、「やり込むか!」って思うし。ゼルダの短さっていうのを久々に感じたね。ちゃんと解けた、ちゃんと最後までいけたっていうね。

【関連記事】
伊集院光「ゼルダの伝説は裏切らない」

伊集院光「ゲームでの課金、DLCに対する違和感」

伊集院光「パワプロの課金制で、プレイする気が失せた」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ゼルダの伝説,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事