TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「音楽も聴ける心拍数計『iriver On』レビュー」

伊集院光「音楽も聴ける心拍数計『iriver On』レビュー」

2013.12.17 (Tue)
2013年12月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、伊集院光が音楽も聴けるハートレートモニター『iRiver On』について語っていた。

iriver スマホ連動Bluetoothフィットネスヘッドセット iRiver On ブラック IRIVER-ON-BLK
iriver スマホ連動Bluetoothフィットネスヘッドセット iRiver On ブラック IRIVER-ON-BLK

伊集院光「また心拍数を測る機械を買ったんですよ(笑)『お前、いくつあるんだよ心臓!』って感じですけど(笑)…違うんですよ。今年は3Dプリンターが飛躍的に進歩した年です、とか言いますけど、俺に言わせれば、心拍数センサーの飛躍的に進歩した年なんですよ。小型、ワンチップ化が進みましてね」

「この番組は、心拍数センサーの会社の提供なのかってくらい言いますけど(笑)最初はオムロンの腕時計型の心拍数計(オムロン(OMRON) 脈拍計 HR-500U)で。今までは、ベルトを胸の下のところに巻いて、そこから飛ばした無線を拾うって形でしか、心拍数を測る機械がなかったのに、オムロンから出たのは腕時計の形で、それ1個で測れます、と。さらにそこにLEDが付いてて、一番良い運動ゾーンにくると、色が変化するっていう」

「スゲェと思って買ったら、直後にそれと同じ腕時計型で、iPhoneもしくはAndroid端末とBluetoothで連動してて、スマホのアプリとやりとりするって機械が出まして」

「さらに今度、アディダスから同じチップを使ってるらしいんですけど、腕時計型で全部入りで、iPhoneもスマホも無しで全部組み込んで、それとワイヤレスヘッドホンに音楽を飛ばすっていうのが出まして。音楽もそれの中に入れられるんですけどね」


「今回は、Bluetoothのヘッドホンなんだけど、イヤホン型で。要はジムとかで心拍数を測るときに、耳のところに挟むヤツあるじゃん。耳のところに挟んで、脈拍を測るヤツあるじゃないですか。イヤレシーバーに心拍数計が組み込んであるってパターンが出たんです」

iriver スマホ連動Bluetoothフィットネスヘッドセット iRiver On ブラック IRIVER-ON-BLK
iriver スマホ連動Bluetoothフィットネスヘッドセット iRiver On ブラック IRIVER-ON-BLK

「理に適ってるじゃん。耳が測りやすいから耳で測ってたんだろうから。イヤレシーバーを耳にしてて、これはBluetoothでiPhoneと繋がってるわけですよ。それに専用のアプリもあって」

「腕時計型のは、心拍数がどうだかっていうのを色で出してたんだけど、これは音声で。『今、脂肪燃焼ペースです』とかって言ってくれるの。それより上がると、筋肉はつくけど脂肪はあまり燃えないとか言われたり、それより楽をすると脂肪が燃えないっていうのを、『もうちょっとペースを上げてください』とか、『そんなに頑張らなくていいです』とか、音楽の合間合間に入れてくれるっていう」

「これは優れてると思って買って。ハイレゾのプレイヤーを『使ってみてください』ってくれた(伊集院光「ハイレゾウォークマンに10万円出すべきか?」)、iriverが出してるの。借りをつくったままはイヤだから、こっちは買おうって思って。『iRiver On』っていう機械を買って」

「値段も2万6千円くらいで。アディダスのは4万円ちょっとするのね、全部入りだから。ただ、1個だけ欠点があって。アプリが発展途上だなって思ったの」

「最初に、有酸素運動をしたいですって入れると、有酸素運動の心拍数ゾーンに入った時に耳からアドバイスをくれるんだけど、それが日本語でも英語でもやってくれるんだけど、日本語にすると、その機械が丁寧だから、『有酸素運動ゾーンに入るにはペースを…』って言うんだけど、最後まで聞かないと、『上げてください』なのか『下げてください』なのか分からないんですよ」

「良いメカで。ただ、このペースで2014年も上がっていかれると、もうこれ以上は買えないですよ(笑)もう何個買ってるんでしょうかね。どんどん、(貸してるので)若手芸人のテクノロジーが上がってますよ。英語だともっと短くセンテンス短く『アップしろ』とか『ダウンしろ』って言うんだと思うんだけどね」

「走ると膝がもたなかったりするんだけど、ある程度やると、ずっと心拍数上がってるから、別に歩いてればいいやって感じになって、歩かせてくれたりするんで、それが最近のお気に入りで」

【関連記事】
伊集院光「ハイレゾウォークマンに10万円出すべきか?」

伊集院光「周囲の360度すべてを撮影できる『RICOH THETA』レビュー」

伊集院光「PS3ゲーム『ウォーキング・デッド』レビュー」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事