TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ドッキリ番組で好きになった菊地亜美」

伊集院光「ドッキリ番組で好きになった菊地亜美」

2013.11.26 (Tue)
2013年11月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ドッキリの奥深さについて語っていた。

お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル 傑作選
お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル 傑作選 [DVD]

伊集院光「ドッキリカメラについてですけども…昨日、オンエアになってたんですが、『もしものドッキリで脳ミソを騙しちゃうぞSP』って特番があってさ。茂木健一郎さんが脳的な見地からドッキリを企画しました、みたいなヤツで」

「俺はスタジオでご意見番みたいなのでいたから、仕掛けたわけでも仕掛けられたわけでもないんだけど。俺はドッキリっていうものが、好きってストレートに言うと違うんだけど、ドッキリっていうものが、いつもとても興味深くて」

「笑うっていうより、哲学的というか変なところに入っていくわけ。たとえば、俺が昔、アンタッチャブルの山崎をここでドッキリに掛ける。俺が凄い怒ってて、山崎が凄い怯える。でも結局、ドッキリでしたっていうのをやるじゃん」

「その時に、恥をかいているのは騙されてる山崎なんだけど、もしくは山崎の素の部分が露呈するってことだけども。でも、俺が怒って、あんなに山崎が怯えるってことは、伊集院っていうのはどんなにテレビで笑っていたとしても、それを信じさせるだけの何かが日頃あるってことはそこに露呈するっていうの分かります?」

「そういうことに関して、ドッキリが無防備だったりするって面白さとか。騙すとか騙されるの関係が、騙す側の過剰な意識に現れる面白いこととかがあって」

「奈美悦子さんがオナラをするってドッキリがあって、奈美悦子さんは仕掛け人なの。それを目の前にいるツッコミ芸人は、それにツッコめるかってドッキリがあって」

「他愛もなくて面白いドッキリなんだけど、奈美さんは仕掛け人で、ちょうど奈美さんの座ってるちょうど下あたりに高性能なスピーカーがあって、結構リアルなオナラの音が出て。それを目の前にいる若手芸人が、言うに言えない、みたいな」

「奈美さんは、『つい笑ってしまいそうになるのが仕掛け人としてキツイ』と。奈美さん、どうしても笑いそうになっちゃうから、どうしようもなくて苦肉の策で、雑誌を顔の前において笑ってるのを隠すんだけど、これは奈美さんからしてみれば、ドッキリの仕掛け人としてヤバイって思ってるんだよね。だけど、この仕草こそが、オナラをしちゃった女の人の仕草なんだろうなって思って」

「失敗だと奈美さんは思ってても、そっちの方がリアルだったり。むしろ、本当にオナラをしてるのに、全然、眉一つ動かさない方が仕掛け人として違うんじゃないかって」

「中でも、俺が一番凄いなって思ったのは、ただのインド人のカレー屋さんがいて。その人を『テレ朝が呼んだ世紀の催眠術師。凄いギャラで、5年オファーしてやっと来てくれた』って言って、催眠術をかけてもらうっていう。すると、出演者は空気を読んで掛かったフリをするのか、という企画なわけ」

「JOYくんが掛かるんです。アツアツのおでんが冷たくなる、と。一生懸命掛かったフリをしてるんだけどね。熱いおでんを平気な振りしてるんだけど、体は熱いから、苦しい顔をするんだけど、『今、頭がキーンときた』って言うのよ。冷たいおでんって言われてるから。めちゃくちゃ上手いじゃん」

「でも、結果ネタばらしされて、『普通のカレー屋さんのオヤジですよ』って言われて。『なに空気読んでんの?(笑)』って言われて」

「最後は、遠野凪子さんって女優さんが催眠術大好きで、プライベートもかかってて、ぜひ掛かりたいってくるんだけど、この人、めちゃくちゃ掛かるの。それで爆笑って感じで終わってるんだけど、俺も掛かると思う」

「もっと言えば、JOYくんも掛かってるんだと思うんだ。催眠術、俺も何度も掛かってるし、俺の催眠術の掛かりやすさって凄いなって思ってるから。俺は昔、細川ふみえにされたってこともあって。自分が細川ふみえになってるとは思ってないんだけど、最終的には、急におっぱいをピエール瀧くんに掴まれて、ピエール瀧くんを引っ叩いた上に泣きながら逃げ出すっていう」

「自分でやってることも分かってるんだけど、なりきってることの楽しさに体が抗えない感じになってるわけ」

「海外のマーティン・セントジェームズが来日したときも掛かったことあるけど、マーティン・セントジェームズも通訳の人が言ってるわけだから、カレー屋のオヤジが言ってるのと変わらないのよ。だから、JOYくんは、ある意味掛かってるんじゃないか、と。ああするのが楽しいし、アドリブ力の速さも掛かってるってことだと思うのね」

「さらに、スタジオで茂木健一郎さんが『これをやることで大脳皮質が刺激されて、脳に良いんです』とか言うんだけどさ、アイツが蕎麦屋のオヤジじゃないって保証はないからね。何かを目の前で発明したわけでもなければ、代表的に特許を持ってる何かを知ってるわけでもないじゃん」

「インド料理のオヤジを催眠術師と言ったことと、茂木健一郎さんのことを『この人は、SONYの研究所にずっといた、脳科学の先生なんだ』って言うことに、何の差もないから」

「もちろん、そうじゃないことは分かってるんだけど、その感じのスタジオにいる時の何から何まで分けわからなくなっていく感じが、スゲェ好き(笑)」

「あと、菊地亜美って子が騙されてて、人間臭いところをおっぴろげているんだけど、そういう通好みのドッキリをどこまで仕掛けて良いのかは分からないけど、菊地亜美って人は面白い人だなぁ、凄く良い人だなぁって思ってみたりとか…ドッキリって凄いね」

【関連記事】
南キャン・山里「ノブコブ・徳井の不倫ドッキリ→炎上での事務所の対応」

志村けんが語る「ドッキリ番組の裏側」

ウーマンラッシュアワー・村本のクズ過ぎる実態


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事