TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ハイレゾウォークマンに10万円出すべきか?」

伊集院光「ハイレゾウォークマンに10万円出すべきか?」

2013.11.05 (Tue)
2013年11月04日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、SONYのハイレゾウォークマンについて語っていた。

SONY ウォークマン Fシリーズ 64GB NW-F887
SONY ウォークマン Fシリーズ 64GB ブラック NW-F887/B

伊集院光「年に1回、誕生日に10万円くらいの物を自分にプレゼントするのは、良いよね?でも、買おうと思ってるのはコレといってないんだけどね。こういうラジオを生業にしているタレントだし、そういうことにこだわるのは悪くはないよねっていう背中の押し方で」

「ソニーのハイレゾウォークマンなんだけどね。とにかくミュージックプレイヤー競争が熾烈で、しかもAppleが頭ひとつ出てしまったから、ソニーからしてみれば、『俺たちがウォークマンって意識作ったんだからさ』って意識があるでしょうね。そこで、ソニーだけでなく各社がCDを超える音質の音を再生できるウォークマンみたいなのを出してきてるわけ」

「それで、どうもハイレゾに対応した音源っていうのが相当少なくて。普通に買うのはまだ早いのかなって思ってるんですけどね」

ハイレゾ対応音源のサイトとしては、「e-onkyo music」などがある。

「ただ、俺は音にこだわる仕事を凄いしてるじゃないですか(笑)だから、その大義名分だったら、それを先に買ってもいいかなって」

「今、発売になってるのは(NW-F887)、64GB、32GB、16GBくらいなんだけど、ハイレゾ音源のアルバム一枚分って、数GBあるらしいのね。でも、128GBのやつが、12月7日に発売になるらしい。それが7万5千円くらいで。さらにビックリすることに、ヘッドフォンついてないの」

NW-F887 64GB
SONY ウォークマン Fシリーズ 64GB ブラック NW-F887/B

NW-ZX1/S 128GB
SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S

「ソニーが、ハイレゾに対応したヘッドフォンを色々出したの。つい最近買ったヘッドフォン(伊集院光「ヘッドフォンとしてもスピーカーとしても使える新型ウォークマン NW-WH303レビュー」)は、対応してないの。普通の耳の中に詰めるハイレゾ対応のイヤーレシーバは、それで3万円くらいするの(XBA-H3)」

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-H3
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-H3

「俺の小学校の頃からの性格で、コンパスやら何やらって全部入れちゃう性格で言うと、絶対に断線すると思うんだよね(笑)今どき、あみあみの肌色のイヤホンだったら断線したところでいいけど、3万円のイヤホン、断線したら目も当てられないから」

「合計すると、10万ちょっとするじゃん。これかなって思ったんだけど、予約しようかなって思うたびに、『ふっ(笑)音楽にこだわりもねぇくせに』って俺は思っちゃうんだよね(笑)『ハイレゾなんかよりも、耳毛剃った方がいいぞお前』って感じを思っちゃうんだよね」

「ディレクターの池田が、どうやら迷ってるようなんだよね。ハイレゾのウォークマンって聴いてみたいじゃん。『伊集院さん、ハイレゾのウォークマンって、この仕事している者として、聴いてみたいですよね。買うのは勇気いるんですけど』みたいな感じで」

「あの感じですよ。『スーファミ買ったらお前の家に遊びに行ってやるぞ』って空気を出してくるんですよ。『田中んち、スーファミ買えよ。お前の家の親父、そこそこ稼いでるんだろうしさ』みたいな空気をガンガン出してくるんですよ。それでスゲェ迷ってるんだけど、アイツに聴かれたらイヤだからね」

「アイツの目の前で聴く快感はあるけど、ちょっと席を外した隙に、アイツが聴くかもしれないから。自分のじゃないコナコナの耳クソついてるってなったときのムカつきに耐えられないからね(笑)」

【関連記事】
伊集院光「ヘッドフォンとしてもスピーカーとしても使える新型ウォークマン NW-WH303レビュー」

伊集院光「REGZA Z7に非純正ハードディスクで増設する方法」

伊集院光「タイムシフトマシンが変える世界」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ハイレゾウォークマン,SONY,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事