TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ゲームでの課金、DLCに対する違和感」

伊集院光「ゲームでの課金、DLCに対する違和感」

2013.10.15 (Tue)
2013年10月14日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ゲームでの課金、DLC(Downloadable content)に対する違和感について語っていた。

ソーシャルゲームはなぜハマるのか
ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足

伊集院光「『サカつく』で、いい選手を作ってもドンドン年をとっちゃうから、いい選手を集めたい時に、"コールドスリープ"っていって、キープしておくことができるんだけど」

「この"コールドスリープ"させる枠が、有料なんです。ゲームの中での有料じゃなくて、お金をクレジットカードで払うの。ダウンロードコンテンツとして払うんですよ」

「そういうのが、どうにもこうにも馴染めなくて。他の、ユニフォームにつけるアップリケも選べるんだけど、ケーキのイラストもあって(笑)ウチのチーム、胸にドーンってさくらんぼの乗ったカップケーキの絵がついてるのね(笑)弱そうで(笑)」

「ACミランの胸にカップケーキが描かれてたら、ちょっと弱そうでしょ(笑)ああいうのが、ゲームの強さとかと関係ないところが、むしろ有料でもいいなって思って。完全にリアルな女性器が描かれてるのも(笑)そういうのはシャレとしていいし、対戦しても『アイツ、こんなに面白いユニフォーム着てるんだ』って思えていいんですよ」

「『このホームチームは、男○崇拝が凄いんだ』ってチームがあってもいいし(笑)リアルなのがコートの四隅に立ってて、プレイとはなんら関係ないっていう(笑)サポーターも増えもヘリもしないっていう(笑)内容となんにも関係ないところに、お金をはらうのは良いと思うんだけど、そのちょっとでも関係あるところに、お金とかしょかい特典とか入れだしちゃうと、それは違うんじゃないかな、と」

「中でも、最近、その究極的なのが俺の中であって(『だるめしスポーツ店』)。3DSのダウンロードゲームなんだけど、それは無料なんですよ。無料なんだけど、『野球ってこんなに面白いんだよ』って、パーツパーツで教えてくれて遊ぶゲームなんだけどね。バッティングセンターで打つだけ、とか。ノックでフライをとるだけ、とか」

「フライをとるときは、3DSだから、ジャイロセンサーがあるんだけどね。前ならえの姿勢で3DSを持って覗くと、ノッカーが見えて。打ち上げあたら、3DSを持ったままそれを空にかざしてとる、みたいな」

「そういうゲームがいっぱい入ってるんだけど、たとえばまずバッティングがやりたかったら、バッティングのゲームを、ゲームの中のゲームセンターで買うんですよ。それは有料なんですよ。現実世界の有料。100円とか200円で」

「それをクリアしたら、次のゲームを売り出すんだけど、それも買うの。守備のゲームを、100円なり200円で買うの。ゲームをクリアするとき、いい成績を出すと、2割引券とか50円引き券みたいなのが、ゲームの中で出るの。それは本当に引いてくれるの。それって、アリなの?」

「課金アイテムとか増えてるけど、それってどうなの?それが天下の任天堂がやらないと思ってたんだけど、ついに3DSでもそれをやるんだ、と思って。製作者の名誉のためにいってるけど、面白いんです。バッティングセンターで打つ爽快感とか、変化球とかを混ぜてくるときのタイミングの取り方とかが、本当に野球をやってるようで楽しいんだけど、その課金の方法がどうにもこうにも納得いかなくてね」

「『だるめしスポーツ店』ってゲームなんだけど、店長の樽飯イヌジっていうキッタないダルメシアンがやってるスポーツ用品店で、そこで売ってるゲームソフトは実際に400円とかするの」

「ゲーム自体は、本当に面白いんですよ。打つ爽快感とか、同じスピードのボールだったら割りと連発して打てるけど、ボールを見逃すって行為は難しかったりとか。すごく良くできてるし、ギャグのテンポも良いし、絵も俺好みで良い絵なんだけどね」

「値切り交渉とかも出来て、店主のイヌジが困ってそうなことに相談を受けたりすると、半額になったりするのよ。あと、ゲーム中にも、割引券がゲットできたりするんですけど、それがモヤモヤするんですよね」

「それって、ゲームの中で現金もらってるのとあまり変わらないと思うんだよね。それが最終的に、こちら側が黒字になるってこにはならないから、賭け事にはならないんだけど、実際にゲームで使える金券をもらってる感じっていうのが、なんかモヤモヤするんですよね」

「真正面から『400円です』って言ってもらえれば、結構やっただろうになって思うんですけどね」

【関連記事】
伊集院光「実在の選手に『プロの素質なし』と評価もするサカつくwww」

伊集院光「『サカつく』に前園真聖が出てくる時のドキドキ感(笑)」

アルコ&ピース「ドラクエ作曲者・すぎやまこういちのスゴさ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ゲーム課金,DLC,サカつく,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事