TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、映画『空母いぶき』を「覚悟を持って制作」したのならば百田尚樹らの意見にも制作側は「コメントすべき」と主張

爆笑問題・太田、映画『空母いぶき』を「覚悟を持って制作」したのならば百田尚樹らの意見にも制作側は「コメントすべき」と主張

2019.05.22 (Wed)
2019年5月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、映画『空母いぶき』を「覚悟を持って制作」したのならば百田尚樹らの意見にも制作側は「コメントすべき」と主張していた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


太田光:昨日、三代澤さんのところに、佐々木蔵之介さんと監督が出てて。

田中裕二:へぇ。

太田光:要するに、これは議論しているだけだけど、実際にリアルでこうなった場合どうなるのか、とシミュレーション的なね。

田中裕二:うん。

太田光:これ、説教でやるんじゃなくてね。佐々木さんなんかも、その役を引き受けるときにね、やっぱりこれを、その原作の漫画をね、やっぱり微妙な、デリケートな問題だから。

田中裕二:そうだね。

太田光:これを映画化するのは、自分としても、役者としてもやっぱ躊躇はあったけれども、それでもやっぱり覚悟を決めてやった、と。

田中裕二:うん。

太田光:これに関してね、やっぱりみんなちょっとでも話し合うきっかけになれば、みたいなことを監督も出てきて言ってたけど。

田中裕二:うん。

太田光:俺は思うんだけどさ。海自と空自が出てきて。要するに空母だから、やるんだけど。

田中裕二:はい。

太田光:先頭にいる人たち、兵士として。「軍人」って言っちゃいけないのか分かんないけども、ただそれはやっぱりもう議論じゃなくて。行動しなきゃいけないってところに追い込まれて。それはやっぱり、みんな覚悟を持って、自衛隊の人間はそうやってるんだっていうことを言ってたけど。

田中裕二:うん。

太田光:俺さ、それでちょっと思うのは、百田さんの一件、あったじゃない。で、見城さんが出てきてどうのこうの。

田中裕二:うん。

太田光:それで散々、大騒ぎになって。大騒ぎでもないのかもしれないけど。

田中裕二:まぁまぁ、ちょっとね。

太田光:あれで佐藤さんが舞台挨拶出なかったり、映画の制作サイドもさ、それに対して割とスルーじゃない?

田中裕二:うん。

太田光:でもさ、あの映画で覚悟を持って作ったって言うんだったら、百田さんの意見に対しても、やっぱりちゃんと俺はコメントをするべきじゃねぇかなって。

田中裕二:うん。

太田光:そういうことが巻き起こるっていうことの。それはね、俳優さんだから別にね、台本がなきゃ喋れないだろうしね。

田中裕二:そんなこと言うな(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:そんなことはねぇよ(笑)

太田光:余計失礼(笑)俺が一番失礼だけど(笑)

田中裕二:そうだよ。

太田光:でも、それぐらいの覚悟を持ってやったんじゃないのかなって思うんだけどね。

田中裕二:うん。

太田光:やっぱり、コメントの一つも出したらいいじゃんって、俺なんかは思っちゃうんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:まぁ、それは映画会社の事情もあるのかもしれないけど。

空母いぶき 映画公開記念 SPECIALプライスパック


関連記事


爆笑問題・太田、百田尚樹に映画『空母いぶき』を見るように勧める「決して安倍さんを批判するような内容じゃない」

爆笑問題・太田、佐藤浩市の発言は安倍総理を揶揄したものではないと擁護「そんなのはギャグとしても使う」

能町みね子、佐藤浩市の映画『空母いぶき』での役作りについての発言に「むしろ、批判するぐらいでいいと思う」と擁護


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,空母いぶき,百田尚樹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:宮迫博之、東京では昼に放送していた『アメジャリチハラ』が深夜向けの過激な企画ばかりで「視聴率が限りなくゼロ」だったと明かす

前の記事:爆笑問題・太田、百田尚樹に映画『空母いぶき』を見るように勧める「決して安倍さんを批判するような内容じゃない」

本日の注目記事