TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、不登校YouTuberゆたぼんが学校の窮屈さを嘆くことに反論「世界中を船で行くことだけが、大冒険ではない」

爆笑問題・太田、不登校YouTuberゆたぼんが学校の窮屈さを嘆くことに反論「世界中を船で行くことだけが、大冒険ではない」

2019.05.15 (Wed)
2019年5月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、不登校YouTuberゆたぼんが学校の窮屈さを嘆くことに反論していた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


ネタメール:10歳のYouTuber、ゆたぼんを見て思っちゃった。もしこのままYouTuberの年齢がどんどん若くなって行ったら、「ママのお腹を蹴ってみた」などと、超音波カメラで撮影して、動画配信する胎児YouTuberが出てくると思う。

太田光:ゆたぼんね。

田中裕二:ねぇ。サンジャポでもね、話題になってましたけども。

太田光:あれね、もうちょっと俺は話があったんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:要は、「他の人がロボットだ」って言うけど、俺の場合、当時ね、不登校が話題になってた時、その学園の人たちがインタビュー受けてて。

田中裕二:うん。

太田光:「今の学校教育、間違ってる」って言うの、俺は気に入らなくて。俺は逆に、その環境のせいじゃないと思ってたから。

田中裕二:うん。

太田光:俺、自分の人見知りとかそういうのがあるって。まぁ、それはその通りなんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:で、俺は逆に3年間皆勤賞をとろうってっていうことに、ゆたぼんの言う大冒険だったり、彼は「ピースボートに乗って世界中を旅したい」って。麦わら帽子をかぶって、ワンピースみたいな感じなんだと思うんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:それはまぁ派手でいいけど、そういう地味なことで、俺は大冒険を味わったよってことまで言いたいんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:「光の小部屋」ってさぁ、みんなやらせたがるんだよ。俺、イヤだっつってんだよ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「やってください」って言うからやるんだけど。ケツが決まっちゃってるからさ、時間の。

田中裕二:うん。

太田光:だから、結局言いたいこと言えずに終わんだよ。あれ、なんとかして欲しいんだよな。

田中裕二:ふふ(笑)業務連絡だよ(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:お前、そういうことここで言うことじゃないから(笑)

太田光:でも、俺はそういう考えなんだけど。だから、なにもね、ルフィみたいに世界中を船で行くことだけが、大冒険じゃないじゃん。

田中裕二:それは分かりやすい冒険だけどね。

太田光:それはきっといずれ分かるんじゃないかなって気はする。

田中裕二:まだ10歳だからね。

太田光:あれ、だからあれが役者で子役でいたら…

田中裕二:いいよ、それは言ってた(笑)

太田光:イジメ倒してやる。

田中裕二:やめなさい。

太田光:あと、やたら演歌の上手いガキね。

田中裕二:いいじゃねぇか。お前がだから、すげぇ昔に生まれてて、美空ひばりともし会ってたら、美空ひばりをイジメてたのかね(笑)

太田光:いやいや、それはできない。あの時の状況を見てください、日本の。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:あの暗い世相の中でね、美空さんだけが希望だったんですよ。

田中裕二:ふふ(笑)

関連記事


神田松之丞、不登校YouTuberゆたぼんが「学校以外の学びの場」として茂木健一郎やキンコン西野と会うことを挙げたことに「もうちょっと人選ない?」

神田松之丞、不登校YouTuberゆたぼんの「後ろで糸を引く父親」を無責任だと批判「みんな大人がケツを拭かない」

神田松之丞、ゆたぼんの不登校YouTuberとしての活動は父親が自称カウンセラーとして「ガキ利用してやってるって感じある」と発言

神田松之丞、茂木健一郎が不登校YouTuberゆたぼんの活動を無責任に後押しすることへ反発「お前は追徴課税でアハ体験してろ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,ゆたぼん,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:宮迫博之、舞台『吼える』で一人だけ千秋楽に参加できず寂しすぎて「日テレの楽屋でちょっとポロッと泣いてた」と告白

前の記事:爆笑問題・太田、反町隆史が体調不良の女性を介抱するも名乗らず立ち去ったことを称賛「なかなかできないよね、カッコイイよね」

本日の注目記事