TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「高野連の花巻東・千葉選手へのカット打法禁止勧告は正しい」

伊集院光「高野連の花巻東・千葉選手へのカット打法禁止勧告は正しい」

2013.09.03 (Tue)
2013年09月02日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、本年度の夏の甲子園で、花巻東高等学校の千葉翔太選手が行ったカット打法について語られていた。

公認野球規則〈2013〉
公認野球規則〈2013〉

花巻東高校・千葉翔太選手に同情的な世論

伊集院光「花巻東の千葉くんのカット打法の話なんだけど。花巻東高校の千葉くんって選手が、バットコントロールがスゴイ上手で、ピッチャーに球数投げさせて、どんどんファールを打って、フォアボールを選んで1塁に出るっていうのがまぁスゴイっていう」

「そしたら、勝ち上がってきたんだけど、準決勝に高校野球連盟か審判連盟の方から監督に、『実はこういうルールがあるんです…ヒットを打とうと思ってない、前に飛ばそうと思ってない、わざとファールを打ってる様子だと審判が認めた場合に限っては、それはバントとみなすことがあります』と」

「それを、2ストライクからやって、明らかにそうだなって審判が判断した時には、3バント失敗でアウトになることがあります、と釘を刺したわけだね。そしたら、千葉くんは封じられたから出来ない、それで次の試合はやらなかった。そして、花巻東高校は負けてしまうわけだけども」

「その時に、最後のインタビューで、『自分がずっとやってきたことがやれなくなったのは悔しい』って、号泣して。過呼吸起こすほど号泣して」

「それで『どういうことだ?』と。みんな非難轟々でしたよ、と。アレはどうなんだ、と」

高校野球のルールの問題点

「どうしても他人と違うことを喋りたくなるという性分はこういう仕事してるとバイアスとして働くことはあるんだけどね…マスコミは、結構、審判、高校野球連盟を叩くんです。『なんで、何回戦もやってるのに、その場で注意をしないでワザワザそこで釘を刺すんだよ?』って。『今まで良かったものを、急に釘を刺すのはなんでだよ?』と」

「色んな論調はあるけど、基本的には、『わざとファールにするのって簡単なの?』って言えば、相当修練が要ることなので、彼が凄く努力してきたのはわかるし、ましてや高校球児の涙とか出てくると、その批判が審判の方にいっちゃうけど」

「でも、俺はルールがおかしいって話だと思うのよ。ルールの中に、あんまりそういう審判によって決められることがあるってルールは、無い方が良いと思うんだよね。"ここがこうだから、こうです"って以外に、ルールを作らない方が良いと思うんだよね」

「俺も知らなかったし、記者の中に知らなかった人はいっぱいいると思います。調べるとね、高校野球とプロ野球のルールって、結構違います。たとえば、キャッチャーがブロックして、激突する、みたいのあるじゃないですか。プロ野球のキャッチャーは、ホームベースをほとんど隠して良いんですよ。でも、高校野球は、一箇所、突入路を開けなければならないんですよ。開けないと走塁妨害になるんです」

「あと、ピッチャーだった子がファーストに入って、とか、ファーストとピッチャーに入るのを繰り返す、みたいのなのも、高校野球ではOKだけど、プロ野球はダメだったり、結構、細かい決まりの差があって」

「カット打法、プロ野球はOKなんです。何の問題もない。技術の1つと認められてるけど、高校野球はダメ。俺も知らなかったけどね。そんなルールあるんだって思って。彼ら(花巻東高校)も知らなかった。監督も知らなかった。多分、記者もそんなに知らなかったと思うんだよね」

高野連・審判団がカット打法の問題点を指摘したタイミング

「俺ね、あの時になって突然言い出した理由は、それをいっぱい新聞社が取材をしだしたからではないかな。『スゴイ』って話題になりだして。新聞を調べてみてもそうなんだけど、警告された前の試合で、1人で40球くらい投げさせてるんだよね。カットを続けて。その前の試合では、そうでもないんです」

「その試合でカット打法で40球くらい粘って。彼はインタビューされて、『僕の持ち味はこれだから。球数を投げさせることです』って答えてて。彼はそう言っている、頑張って欲しいって文章がいっぱい出て。俺もそれを読んで、『スゲェな。高校野球レベルでそんだけカットできるのスゴイし、打ちたいだろうに、球数を投げさせて相手のスゴイピッチャーを疲れさせて、次のバッターに有利にさせることしてるんだ』って思ったけど、そのルールがあったら、指摘するよね」

「『監督も千葉くんも、新聞を見る限り"球数を稼ぐためにわざとファールにしてます"って言っちゃってるけど、ルールブックにこれあるの知ってます?』って言うよね。言って当然だよね。もちろん、ルールは間違ってると思うの」

「その前にあった、サイン盗み疑惑っていうのもあって。これもどっかに行っちゃってるんだけど。これも俺らが子供の頃に、キャッチャーがどんなサインを出しているのかバッターに知らせるのなんか当たり前で、技術って言われてて。キャッチャーがインコースに構えてたらそっちに手を出して絶対に教えてたよ。それをやらないヤツは、何自分で二塁打打ったからって、ぼんやりしてんだって言われてたから」

「でも、途中で変わって、それはダメですってことになった。今回、千葉くんがセカンドに出たとき、やってんじゃないかって相手のキャッチャーが抗議して、千葉くんに審判が確かめた。『やってません』って。それはもうどうしようもないんだよね。『やってません』って言う以上。『僕はそんな意思でやってません。普通にリードしてただけです』ってなったら、高校野球の精神からすれば、OKにするしかないから」

「それと割りと同一線上にあることだと思うんだよね。『カット打法をやってます』って言われちゃったら、黙ってるわけにはいかないでしょって。ルールはあるんだからっていう。その部分でいうと、あんまりみんなに知らされずにルールが存在するっていうのは憎むべきことだけど、審判なり高野連なりが、あの日以降に急に監督さんに『こういうルールを知ってますか?』っていうのは自然な流れなような気がするんだけどね」

【関連記事】
ナイナイ・岡村「花巻東・千葉翔太のカット打法への圧力に抗議」

伊集院光「斎藤佑樹は『伊集院光深夜の馬鹿力』リスナーだった」

伊集院光「横浜DeNA返金チケットは失敗だ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,高校野球,花巻東高等学校,千葉翔太,カット打法,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事