TOP爆笑問題カーボーイ ≫ ぜんじろう、爆笑問題と会ったのはたった二回であると明かす「最初に会った印象は、二人が物凄い暗い」

ぜんじろう、爆笑問題と会ったのはたった二回であると明かす「最初に会った印象は、二人が物凄い暗い」

2019.04.24 (Wed)
2019年4月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・ぜんじろうが出演し、爆笑問題と会ったのはたった二回であり、「最初に会った印象は、二人が物凄い暗い」と語っていた。

爆笑問題のツーショット 2018 結成30周年記念Edition 爆笑問題が選ぶBest Selection


太田光:何が文句あるわけ?俺に。

ぜんじろう:お二人に会ったのはこれね、何回やと思いますか?

太田光:10回くらいか。

ぜんじろう:2回です。

太田光:それはお前の記憶な。

ぜんじろう:うん。僕はデビューの頃から、もうテレビで『冗談画報』やったかな、大阪で見た時ね、物凄い面白かったの、お二人が。

太田光:兄さん、面白いだろ。

ぜんじろう:ふふ(笑)面白くてね。で、お芝居やってる人かなぁ、なんて思って。

太田光:なにを、この野郎。

ぜんじろう:コントをやってて。で、それがあって、その後ね、漫才で出てきたときね、太田…太田…

太田光:太田でいいよ、太田で。

ぜんじろう:ふふ(笑)太田君がね、芸風がちょっと変わったみたいに、志ん生師匠みたいな喋り方で。

太田光:ふふ(笑)

ぜんじろう:「皆さん、大人と子供とが変わったね…」って。

太田光:よく覚えてんな。

ぜんじろう:「あれ?キャラめちゃめちゃ違うな」って思って。で、こっちはツッコミで「そうじゃねぇだろ!」って。

太田光:うん(笑)

ぜんじろう:で、これ言っていいんかな?

太田光:なんでもいいよ、今日は。

ぜんじろう:太田プロから1年間、辞めた時に…

太田光:いなくなったな。

田中裕二:3年ぐらい干されましたよ。

ぜんじろう:あの時に、大阪の『怒涛のくるくるシアター』って番組に出てるんです、ネタで。

田中裕二:ああ。

ぜんじろう:一回来てるんですよ。大阪に来たでしょ?深夜の番組です。そこで、「会えるわ」って思って。で、普段どんな人なんやろうなって、それを見たくて。楽屋行ったら、カーキ色のシャツ着て、ジーンズ着て。

太田光:本当かよ(笑)

ぜんじろう:で、もっと明るい人かなって思って。

田中裕二:まず俺ね、田中がね。

ぜんじろう:二人が、物凄い暗い。

太田光:そうだよ。俺らは壁作ってたからな。

田中裕二:誰とも話さなかった。

太田光:しかも関西行ったら…俺らが最初に関西行ったのは、『森脇・山田の抱腹絶倒』って番組なの。

ぜんじろう:へぇ。

太田光:そこの客がろくでもない客で、森脇・山田がクソつまんなくて。

ぜんじろう:あなた、そこツッコまなアカンでしょ(笑)

田中裕二:いやいや、そこはいいんだよ(笑)

太田光:そしたらもっとつまんなかったのがお前だったんだよ!

ぜんじろう:はっはっはっ(笑)…ほんで、ほんで、言わせて。僕が行ったら、二人はフワッと立って、「おはようございます」って。こっちは喋りたい。でも、ビタッと心を閉ざして。

太田光:うん。

ぜんじろう:で、メガネをかけてたの置いてたの。

田中裕二:俺が?

ぜんじろう:で、楽屋は僕ともう一人ぐらいいたんかな。で、暗く二人いましたよ。

太田光:うん。

ぜんじろう:メガネ置いてたのを、太田君がちょっとズラしたのよ。そしたら、「やめろよ、それ」ってツッコんで。誰に見せてんのか、僕に見せてんのかなって思って。

太田光:うん。

ぜんじろう:二人で遊んでんな、おもろいなって思って、僕が笑って話そうかなって思ったら、また二人心を閉ざして。分からない。何がしたかったのか。

太田光:それは覚えてないけどね。

田中裕二:メガネをずらしたのは全く覚えてない。

太田光:やっさんのマネだったんじゃない?

田中裕二:そんな明るい感じじゃない(笑)

ぜんじろう:で、ネタ出て行って。大阪の客って、ちょっと閉鎖的やから。

太田光:今よりもっと。

ぜんじろう:当時は、大阪の芸人ってチンピラみたいなのも多かったし(笑)

太田光:チンピラってより、アイドルっぽい感じでウケてる人が多かった。

ぜんじろう:やし、芸人同士も殺伐としてた。

田中裕二:それは東も西もそうでしたよ。芸人同士、仲良くなかったから。

ぜんじろう:で、ネタで二人出てった時に、「どうもすみません、爆笑問題です。東京から来まして」ってやるんかなって思ったら違うんです。

太田光:うん。

ぜんじろう:まず出てきて、いつものノリですよ。「臓器移植は…」って。

太田光:うん。よく覚えてんな、俺のネタ(笑)大ファンだね(笑)

ぜんじろう:大ファン(笑)

太田光:いい加減にしろよ、お前(笑)

ぜんじろう:で、ウケてたのよ。

太田光:当たり前だわ!

ぜんじろう:ウケてたから、大阪人の見方が変わったのよ。大阪人でも、媚びて行かなくてもウケるんだって。で、キャラクターがダウンタウンさんみたいな。…名前出してエエんかな?

太田光:ややこしいな、吉本!

ぜんじろう:ややこしいのはアンタ(笑)

太田光:そりゃ、たしかに(笑)

ぜんじろう:ダウンタウンさんみたいな、不良のちょっと引き芸の暗い感じじゃなかった。もうちょっとインテリな、引きこもりなインテリな大学生の感じの。それを大阪人が受け入れたってことが、僕の中で、「ネタがおもろかったらウケるんや。僕も明るく出ていかなくていいんだ」って。

関連記事


爆笑問題・太田、ぜんじろうの「後輩の太田君に呼び捨てされてイラッとする」発言に激怒「てめぇ、いつから俺の先輩になったんだ!」

爆笑問題・太田、岡村隆史がぜんじろうとの因縁を茶化してきたことに「博士と揉めた時に迷惑かけたから、もう何も言えない」

爆笑問題・太田、ぜんじろうとの「どちらが先輩」論争で芸歴よりも芸人同士としての関係性を重視したいと熱弁「芸歴は方便でしかない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,ぜんじろう,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、ぜんじろうに「吉本の中で、相当嫌われてるらしいな」と発言「今回のことで色々聞いたけど」

前の記事:山里亮太、赤江珠緒と博多大吉へ不倫疑惑を抱く人に疑問を持つ一方で「テラスハウスで同じような浅ましいことをしてた」と反省

本日の注目記事