TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、人生におけるゴールや目標は近づくたびに遠ざかっていくと語る「ゴールって見えるんですけど、遠のいていく」

明石家さんま、人生におけるゴールや目標は近づくたびに遠ざかっていくと語る「ゴールって見えるんですけど、遠のいていく」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月23日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、人生におけるゴールや目標は近づくたびに遠ざかっていくと語っていた。



明石家さんま:ゴールって見えるんですけど、ゴールって下がっていくんですよ、生きてると。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:「あ、ゴール見えた」って思う時もあるんですよ。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:でも、また走り出すと、「あれ?こんなゴール近かったはずやのに、また遠のいてる、また遠のいてる」で、今、暮らしてるんですよ。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:ひょっとしたら俺、ゴール突き抜けて、もう一周走ってるんじゃないかって思って。

村上ショージ:いいなぁ。

明石家さんま:「いいなぁ」って(笑)

村上ショージ:もう、俺はトークのデッドボールでもエエから、ずっと出たいわ。ふふ(笑)「アイツ、ヒット打ったことないけど、ずっと塁に出てる」って(笑)

明石家さんま:まぁまぁ、三割打って印象に残る人と、二割そこそこで印象に残るって人もいる。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:でも、俺とか司会者は三割打たなきゃダメなんですよ。ショージ、多分、一割五分ぐらいで…

村上ショージ:コラ。

明石家さんま:ふふ(笑)

関連記事


明石家さんま、イチローの年齢による衰えでの引退に関して自身の引退時期について言及「俺も、長いことやりすぎてる」

明石家さんま、お笑いにおける「理想のツッコミ」について語る「お客さんが気づく0コンマ何秒に、笑えるセリフで置きに行ってあげる」

明石家さんま、周りの芸人がオーソドックスなボケばかりと指摘される「サッカーもアメリカ代表が好き」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、木村拓哉が『ホンマでっかTV』出演後にフォローのLINEを送ってきたと明かす「世間の言ってることは、放っておきましょうよ」

前の記事:明石家さんま、お笑いにおける「理想のツッコミ」について語る「お客さんが気づく0コンマ何秒に、笑えるセリフで置きに行ってあげる」

本日の注目記事