TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「不安ばかり募る『ファミ通と僕』サイン会」

伊集院光「不安ばかり募る『ファミ通と僕』サイン会」

2013.07.30 (Tue)
2013年07月30日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『ファミ通と僕』サイン会の告知を行なっていた。ファミ通と僕 1998-2000

伊集院光「8月8日、木曜日に『ファミ通と僕』っていう本が、2冊同時発売なんですけど。『ファミ通と僕 1998-2000』と『ファミ通と僕 2000-2002』っていうのが、2冊出て」

「その当日、8月8日の午後6時から、紀伊國屋書店新宿本店、8階イベントスペースっていうところでやるんですけど。色々、細かい決まりがあります。イベント参加には、整理券が必要です。紀伊國屋書店、新宿本店にて、『ファミ通と僕 1998-2000』と『ファミ通と僕 2000-2002』を同時予約されました、お客様先着300名に整理券を配布します」

「なんでこんなにボケずに言ってるか分かります?ここボケちゃって、300来なかったら、本当に悲しいからね(笑)あぁ~あ、書いちゃった、みたいな(笑)」

「その場で、名前入れさせていただきますけど、俺のサインは書いてくるわけだから。そこで、300冊すら欲しがってもらえないサイン本って、汚れた本だからね、ぶっちゃけ(笑)汚れた本だからね(笑)」

「ブックオフに売るときに、『汚れあんじゃん』っていう。ファミコンカセットの裏に『吉田』って書いてあったのとあんまり変わらないことになっちゃいますから。きちんと告知しますよ(笑)」

「整理券の配布方法は、7月31日の水曜日の朝10時から紀伊國屋書店、新宿本店の2階のレジで予約をしたら、直接配布します、と。先着300名で、なくなり次第終了です…『ちゃんとこれを言ってください、揉め事になりますから』ってラインが引いてあるんですけど、無くならなかった方が怖いんだって。俺の心がヤバイんだって!…なくなり次第終了です(笑)」

「ウチの今村マネージャーであるホリプロサイド、エンターブレインサイド、さらには紀伊國屋書店さんの思惑が違うから、ここに告知しなさいっていう紙に色々矛盾が生じると思うのね」

「まずこの『店頭で7月31日、朝の10時から2階のレジで先着300名、なくなり次第終わりですよ』って、これ言っておかないと、『なんでねぇんだよ』ってなっちゃいますから、なくなり次第終了って言ってくださいっていう一行の次に書いてあるのは、『一応、8月1日木曜日の朝の10時から、電話での予約も受け付けますが、すでに300枚終わっていた場合は、申し訳ありませんが、電話予約の分はございません』…って書いてあるのね。なんなの、この感じ(笑)」

「『急がないと終わっちゃうよ』って言っておきながら、『300枚…どうなの?』みたいな(笑)『その日、人員を店頭に割くにはキツイけど、電話番だけ置いておく?』みたいな(笑)なんなの、この躁と鬱が入ってる感じ(笑)」

「整理券をお持ちの方に、当日、サインをさせていただいた本と、イベント限定グッズ…大したもんじゃないです(笑)シールをくれるっていうんですよ。家中の至るところに貼って、お母さんの嫁入り道具の桐たんすに貼って、お母さんに思いっきり顔面を蹴られる、もしくはよかれと思っておじいちゃんの棺に貼って、お父さんに思いっきりゲンコで殴られるっていう(笑)でも、おじいちゃんのためにキラシールを貼ったんだけどねっていう(笑)」

「シールを差し上げますっていう。限定グッズを差し上げますっていうのは、何も用意してないと来てくれないんじゃないかっていう、弱腰の方じゃん。だけど、次に『サイン本には、必ずその場でお客さんの名前を入れさせていただきます』っていう。エンターブレインに、『これは必ずなの?入れたくないって人は、入れなくても良いんじゃない?』って話をしたら、『名前を入れてないサイン本をオークションとかにすぐ出されて、高騰とかするのは本意じゃないんで』って。…いいんじゃない?とりあえず300、ね?(笑)」

「全員に、感謝の念を込めて。『中曽根康弘さまへ』っていう名前を入れさせていただきます(笑)物心ついた時の官房長官、後の総理大臣の『中曽根康弘さまへ』っていうサインをさせていただきます(笑)どうしても『僕はその名前じゃないんで。ロンとヤスのヤスの方ではないので』って方には、あなたのお名前を書かせていただくという形になります」

「詳しくは、ホリプロの伊集院光のインフォメーション欄に、この後、ラジオ終わりで掲載されますので、確認してください」

ホリプロ-伊集院光インフォメーション



大きな地図で見る

ファミ通と僕 1998-2000
ファミ通と僕 1998-2000
ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002



同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ファミ通と僕,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事