TOPアッパレやってまーす! ≫ よゐこ濱口、若手時代は吉本芸人に囲まれて「吉本vsよゐこ」の中で番組出演せざるを得なかったと告白「いつもアウェイ」

よゐこ濱口、若手時代は吉本芸人に囲まれて「吉本vsよゐこ」の中で番組出演せざるを得なかったと告白「いつもアウェイ」

2019.03.12 (Tue)
2019年3月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、若手時代は吉本芸人に囲まれて「吉本vsよゐこ」の中で番組出演せざるを得なかったと告白していた。



濱口優:コンビやり始めの時は、もう全部やったよ。一組とかじゃない、全員ライバルで。

鈴木拓:たしかにそうですね。

濱口優:全員プラス事務所。

鈴木拓:ああ。

濱口優:「対吉本」みたいな感じやった、俺らの時。

鈴木拓:なるほど、そうですね。

濱口優:「一組vs吉本さん」っていう感じやったから、我々は。

鈴木拓:たしかにそうですね、どんな番組でも。

有野晋哉:世代的におれへんかったから。

濱口優:うん。どうやったって、いつもアウェイ、みたいな。

鈴木拓:たしかに。

有野晋哉:大阪の頃ね。

鈴木拓:連携組んで、パパッとやって面白いですからね。

濱口優:そう。どこ行ってもそれやったから。それをよく嘆くねんけど、「俺ら当たり前やから、それが」っつって。5~6組吉本さんおる中で、一組、楽屋で誰も喋れへん。

有野晋哉:ふふ(笑)

濱口優:本番になっても、俺らには振ってくれへん。そんなん当たり前やから…ていう時代やったから。

鈴木拓:そうですね。

濱口優:全員っちゃ全員やったし。

有野晋哉:東京来たら東京で、東京vs大阪だからね。

鈴木拓:どこ行ってもアウェイなんですね、よゐこさんは(笑)

濱口優:アウェイやった。ホンマにアウェイ。

有野晋哉:で、楽屋でプラモデルを2人で作るっていう(笑)

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:そりゃ変わったコンビですよ(笑)

関連記事


よゐこ有野晋哉、松竹芸能の養成所に入学した理由「吉本よりこっちや、簡単や!」

よゐこ濱口、松竹芸能との契約を19歳の時に突っぱねていた「たまたま僕ら松竹にいるだけで…」

よゐこ有野、松竹芸能の新年会で「ほっともっとのオードブル」が並べられていた過去を暴露「唐揚げいっぱい乗ってる(笑)」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : よゐこ,濱口優,吉本興業,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:山本彩、山手線に乗ろうと小走りして目の前でドアを閉められて赤っ恥「山手線って、躊躇なくないですか?」

前の記事:よゐこ有野、イオンの夜市タイムになるまで10分ほど会計せずに待っていたと明かす「安くなったり、特典がつく」

本日の注目記事