TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 爆笑問題・太田、カルロス・ゴーン保釈時の変装作戦は失敗するも「ゴーンさんのイメージは落ちてない」と指摘「面白いおじさん」

爆笑問題・太田、カルロス・ゴーン保釈時の変装作戦は失敗するも「ゴーンさんのイメージは落ちてない」と指摘「面白いおじさん」

2019.03.11 (Mon)
2019年3月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、カルロス・ゴーン保釈時の変装作戦は失敗するも「ゴーンさんのイメージは落ちてない」と指摘していた。



柴田秀一:これ、どうしようもなかったのかも知れませんね。まぁ弁護団がそう言ったんですけど。自宅を割らせないための一つの方法で、何でもしようと。

太田光:うん。

柴田秀一:あの弘中さんっていう、カミソリの方はですね、自分では考えてなかったっておっしゃったんですけど。

太田光:うん。

柴田秀一:「こういうのもありなんじゃないか」って言ってて(笑)

太田光:なんかでも、面白ネタになっちゃってて。別にゴーンさんの、今日も誰か言ってたけど、ゴーンさんのイメージは落ちてないっていうか。世間一般的には、「面白いオジさんだな」っていう雰囲気に、俺は捉えちゃったけどね。

柴田秀一:弁護士の方はね、「私が計画して実行したけれでも、それが生涯かけて彼が築き上げてきた名声に泥を塗ってしまった」って(笑)

太田光:そこまでじゃない(笑)

田中裕二:そこまでじゃないね、たしかにね(笑)

太田光:あの弁護団っていうのも変わってて、なんか面白いなっていうのはあるよね。

田中裕二:クセのある人が多いですね。

太田光:宮崎駿にそっくり。

江藤愛:高野弁護士(笑)

田中裕二:そっくりですよね(笑)

柴田秀一:初公判からが、カミソリのカミソリたる所以がどういうふうに出てくるかってことですね。

田中裕二:ねぇ。

柴田秀一:10年前から分かっていたことを、いまさらなにを蒸し返すんだって言ってるので、無罪を勝ち取るんだ、と。

太田光:でも、これはゴーンさん一人でどうこうできた話ではないから。

柴田秀一:前からあったとすれば、日産の幹部は見過ごしていた可能性があるわけで。

太田光:うん。

柴田秀一:これも象徴的なんですけど、要するに司法取引っていうのが始まって、その司法取引の大きな事件としては初めてのケースなんですよね。

太田光:うん。

柴田秀一:司法取引の事件っていうのは、明るみになって裁判は行われてるんですけど、これ大きな事件としては最初ですから。

太田光:そうか。

関連記事


岡村隆史や明石家さんまらによる、「カルロス・ゴーン保釈時の変装」に対するコメント大喜利まとめ

明石家さんま、カルロス・ゴーンと同様に「作業員の変装」で女性のマンションへ行っていたと告白「作業服で首にタオル巻いて」

おぎやはぎ矢作、カルロス・ゴーン保釈時の変装について「マジ歌の、劇団ひとりの特殊メイクチームを紹介したかった」と発言

岡村隆史、カルロス・ゴーン保釈時の変装にダメ出し「この状態では、『めちゃイケ』スタッフなら出さんで」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,カルロス・ゴーン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:伊集院光、R-1 2019決勝進出しただーりんず松本りんすのカツラは「ハリウッドザコシショウが出世払いで買ってくれた」と明かす

前の記事:爆笑問題・田中、『10年桜』から10年で元AKB48前田敦子の出産発表があったことに「大島優子ちゃんじゃなかったんだけどね」

本日の注目記事