TOPアッパレやってまーす! ≫ よゐこ濱口、お笑い芸人がバイトで「わざと仕事をできないフリ」をする理由を語る「責任のある仕事を任せられないように」

よゐこ濱口、お笑い芸人がバイトで「わざと仕事をできないフリ」をする理由を語る「責任のある仕事を任せられないように」

2019.02.12 (Tue)
2019年2月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・よゐこの濱口優が、お笑い芸人がバイトで「わざと仕事をできないフリ」をする理由について語っていた。



有野晋哉:(芸人は)余興とかで食べれたりとかするもんね。

鈴木拓:そうですね。

濱口優:食べれりゃエエけどな。

鈴木拓:食べれない奴、多いですもんね。

濱口優:うん、うん。

有野晋哉:バイトしてたらな(笑)収入源がバイトやったらアカンもんな(笑)

鈴木拓:そうです(笑)

濱口優:ほんまやな。

鈴木拓:「芸人辞めてさ、ウチでバイトじゃなくて正社員として働きなよ」って人もいっぱいいるけど、「いや、僕は芸人頑張りたいんで」みたいな。「お前、40行ってるのに」って(笑)

山本彩:正社員の人もいますよね。

有野晋哉:正社員の人もおんねん。

山本彩:そうですよね。

有野晋哉:うん。

鈴木拓:「40行ってんのに、まだそれやってんだ」っていうね。

濱口優:ふふ(笑)だからよく言うよ、バイトのスキルがドンドン上がってって。

山本彩:そうですよね(笑)

鈴木拓:はい(笑)

濱口優:すげぇ大事な仕事、任せられるようになって。でも、わざと仕事でけへんふりするって。

有野晋哉:ふふ(笑)

濱口優:責任感のある仕事を任せられるから、そういうの断んねんって。すぐ休めるように。

山本彩:へぇ。

鈴木拓:この芸能界も…40でも今、売れてない人たくさんいるんで、本当は年齢制限つけてあげた方が、事務所の方が。

濱口優:けどなぁ、分からへんからなぁ。

鈴木拓:たしかに50になってそれやってるって、面白ぇですもんね(笑)

濱口優:そうなのよ(笑)分からへんねん、こればっかりは。

鈴木拓:辛い(笑)

関連記事


カンニング竹山、10年ほぼ無給の下積み時代でも信じ続けた芸人としての成功「絶対に売れてやる」

おぎやはぎ矢作、下積み時代に出演者よりも客数が少ないトークライブを続けていたと明かす「立川に週2で行ってた」

下積み時代、オードリー・若林が躊躇した「汚れ仕事」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ドランクドラゴン,鈴木拓,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:山本彩、もし娘がアイドルになりたいと言い出したら「やって欲しい」と背中を押す理由「自分がやってた仕事を…」

前の記事:ドランク鈴木拓、子供にお笑い芸人の現実の厳しさを教えるため「世に出てない後輩に、なるべく多く会わせよう」としていると告白

本日の注目記事