TOPアッパレやってまーす! ≫ ドランク鈴木拓、塚地が紅白に出ていて「なんで父ちゃんは出ないの?」としつこく訊く次男に対して長男が「黙って首を振った」と明かす

ドランク鈴木拓、塚地が紅白に出ていて「なんで父ちゃんは出ないの?」としつこく訊く次男に対して長男が「黙って首を振った」と明かす

2019.02.12 (Tue)
2019年2月11日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、相方・塚地武雅がNHK紅白歌合戦に出演していたことに次男が「なんで父ちゃんは出ないの?」としつこく訊いてきて、それに対して長男が「黙って首を振った」と明かしていた。



鈴木拓:長男が14歳で、次男が7歳なんですね。

濱口優:うん。

鈴木拓:今、ウチでは正月のやつ…もちろん、よゐこさんの無人島も見ましたし。

濱口優:ありがとう。

鈴木拓:紅白も見てたんですね。

濱口優:うん。

鈴木拓:そしたら、紅白でウチの相方が5年連続でちょこちょこ出てくるみたいな。

濱口優:ああ、なんかありますよね、イカの格好をして。



鈴木拓:イカ大王で出てるんですけど。それを見た時にね、次男が「これ、父ちゃんと一緒に仕事してる人だよね?」って。

濱口優:うん、次男が。

鈴木拓:で、僕は「そうだね」って。

濱口優:うん。

鈴木拓:「父ちゃんはなんで出ないの?」って。

濱口優:ふふ(笑)そういうのキツイな。

鈴木拓:はい。だから、僕は聞こえないふりしたんです、そこだけ。

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:無視してね。

濱口優:答えづらいよな、それは(笑)

鈴木拓:はい。で、テレビを見たんです。そしたら、「あ、なんか無視したぞ」っていう、そういう感覚はわかるんですよ、次男は。

濱口優:ああ、7歳でも。

鈴木拓:そしたらまたしつこく、「父ちゃんはなんで出ないの?」って言うんです。で、黙ってまた僕はテレビ見て無視をするんですね。

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:そしたら、段々、調子に乗ってきて何回も「ねぇねぇ、父ちゃん。父ちゃんはなんで出ないの?」って言って。

濱口優:うん。

鈴木拓:僕はずーっと無視してるんです。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)家族は?

鈴木拓:奥さんは台所にいたんでいないんですけど。長男も一緒に見てて。

濱口優:うん。

鈴木拓:そしたら長男が次男の肩を掴んで。そしたら、次男が長男を見上げたんです。

濱口優:うん。

鈴木拓:その時に長男が、黙って首を振ったんです(笑)

濱口優:はっはっはっ(笑)

鈴木拓:14歳が。

有野晋哉:ぶるん、ぶるんと。

鈴木拓:成長してるんですよ。そしたら、こっからは…僕、あんまり見てないですけど、その次男が「うん」ってうなずいて、黙ってみんなでテレビを見て(笑)

濱口優:ああ、7歳は別に嫌味で言ってるわけじゃない、分からへんもんな。


鈴木拓:はい、分かんないですからね。

濱口優:「父ちゃん、出たらエエのに」って思うよな。

鈴木拓:それを長男は察してくれて(笑)

濱口優:偉いね、14歳(笑)

有野晋哉:中学生(笑)

鈴木拓:「もう、やめとけ」みたいな(笑)

関連記事


おぎやはぎ矢作、『逃走中』炎上で子供に「自首やめて」と言われた鈴木拓の返答に感動「これが俺の仕事なんだ」

宮迫博之、息子に三年間弁当を作り続けてお礼を言われたことが「今年一番の思い出」だったと明かす

よゐこ濱口、「実はいい人」なドランク鈴木拓のエピソードを暴露「急ブレーキのときに助手席の俺を押さえてくれた」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 鈴木拓,ドランクドラゴン,塚地武雅,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:ドランク鈴木拓、子供が「芸人になりたい」と言い出さないように「父ちゃんが才能ないんだから、お前も才能ない」と言っていると明かす

前の記事:伊集院光、奥田瑛二の役作りエピソードに憤慨もせず商品を送ったB.V.D.の心意気に感動「普通、怒るじゃん」

本日の注目記事