TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、奥田瑛二の役作りエピソードに憤慨もせず商品を送ったB.V.D.の心意気に感動「普通、怒るじゃん」

伊集院光、奥田瑛二の役作りエピソードに憤慨もせず商品を送ったB.V.D.の心意気に感動「普通、怒るじゃん」

2019.02.12 (Tue)
2019年2月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、俳優・奥田瑛二の役作りエピソードに憤慨もせず、商品を送った男性向けアンダーウェアのブランドB.V.D.の心意気に感動したと語っていた。



伊集院光:いい話だなぁと思ったのは、朝の番組で奥田瑛二さんに会ったの。奥田瑛二さんが、今度公開になったか、今、公開中の映画で、『洗骨』っていう映画に出ました、と。



で、その話をしてたんだけど。それ、ガレッジセールのゴリ君が監督やってるんだって。で、凄い真面目な映画らしいんだけどね。

で、奥田瑛二さんは何にもできない中年のおじさんの役なんだって。で、撮影の途中に、中年の何もできないダメな親父さを強調するのに、奥田さんの方から、「こんな衣装じゃダメだ」って。

まず、「パンツがダメだ」って。パンツとランニングでいるんだけど、「ちゃんとしたパンツじゃダメだ」って、B.V.D.の穿き古したような、白ブリ。「白ブリの黄ばんだようなやつを用意しろ。で、それに軽くウンコついてるような状態じゃなきゃダメだ」って。

「お前、この映画を成功させたかったら、それだ。何もできないってことを分かりやすくするために、衣装をそうしろ」って話をして。で、そのエピソードをどっかで披露したらしいの。

「B.V.D.のダルダルの、みっともねぇパンツじゃなきゃダメだ」って。で、カッコイイなって思ったのは、それを聞いたB.V.D.が、普通、闇雲に怒るじゃん。「なんだ」と。「おっさん向けの、そのみっともないパンツの話に、ウチの商品を」って言うじゃん。

じゃなくて、「ウチはこんなにラインナップが広い、穿きやすいことがメインのものから、凄いカッコイイやつまであります」っていう、最新商品をボール箱で、奥田瑛二の家に送ったっていうの。

格好良くない?だから、「いいのもあるんで、一応、役を外れてスタイリッシュな奥田さんが穿かれるなら、これがいいんじゃないですか」って送ったって。すげぇカッコイイと思って。

あの、こういう形で俺にもくれって言ってるわけじゃないけどね(笑)俺、その話聞いて、ちょっとカッコイイなって思って。だから、俺が穿くとなると、逆に「ごめんなさい、伊集院さんが穿くっていうことで、ちょっとマイナスなんで」って言われる可能性ありますけどね(笑)

関連記事


明石家さんま、奥田瑛二にドラマ共演で「迷惑をかけた」過去を謝罪「奥田さんがどんどんNG出して…」

山里亮太、菊地亜美が事務所NGのパンスト相撲をあえてやる心意気に感動「あの格好良さ、尋常じゃなかった」

所ジョージが語る、ビートたけしのカッコ悪いことをカッコイイと思ってやる生き様

爆笑問題・田中、ディズニーランドで奥田瑛二・安藤和津一家と遭遇「挟まれてメリーゴーランド乗った」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,洗骨,奥田瑛二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:ドランク鈴木拓、塚地が紅白に出ていて「なんで父ちゃんは出ないの?」としつこく訊く次男に対して長男が「黙って首を振った」と明かす

前の記事:伊集院光、羽賀研二の同級生だというタクシー運転手に出会い「羽賀研二がいかに巨根か」という話を延々とされたと明かす

本日の注目記事