TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、木梨憲武は「人に限界を超えさせる天才」だと語る「背中の押しっぷりの見事さ」

赤江珠緒、木梨憲武は「人に限界を超えさせる天才」だと語る「背中の押しっぷりの見事さ」

2019.02.11 (Mon)
2019年2月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、とんねるず・木梨憲武は「人に限界を超えさせる天才」だと語っていた。



赤江珠緒:赤坂BLITZに立てること自体がもうないのでね。そういう意味では…ノリタケさんは、なんだろうね、限界を超えさせる天才ですね。

カンニング竹山:そうよ。知らなかった?

赤江珠緒:そういうの、噂では聞いてたんです。

カンニング竹山:「限界を超えさせる」って言うと良い言い方ですけど、段取りを崩すっていうかね(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:段取りどうじゃない(笑)

赤江珠緒:人間ってね、勝手に自分の中である程度、「これぐらいが自分の中での限界だな」って思っちゃうところあるじゃないですか。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:でも、たとえばスポーツジムでも、いいトレーナーの人が「ここもう一頑張り」って言ってくれると、もうちょっと力が出て、また違う筋肉がつく、みたいなところってあるんだけど。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:それって、自分ではできなかったりするじゃないですか。

カンニング竹山:力出ないね。

赤江珠緒:そのノリタケさんの背中の押し方ね。押しっぷりの見事さ。

カンニング竹山:はい(笑)

赤江珠緒:「やっちゃいなよ」「え?やるか?」って。

カンニング竹山:気持ちよくね、やってくれるからね。

赤江珠緒:だって、普通ならできないことだもん。

カンニング竹山:そういうのは天才かもしれないですね。

関連記事


ヒロミ、木梨憲武は「急に来た台風」のように色んな人を巻き込んでいくと語る「俺はこれに30年付き合ってる」

とんねるず石橋貴明や藤井フミヤらが語る、「木梨憲武」という男の素顔

木梨憲武、石橋貴明と飲食店で偶然遭遇してとんねるずでのコンサート開催の話をしたと明かす「ライブの感じ、いいね」

カンニング竹山、木梨憲武が「赤江珠緒の人気の秘訣」を語っていたと明かす「できないけど堂々と行く」「あれは愛される」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : とんねるず,木梨憲武,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:伊集院光、「バイトテロ」のせいで店側だけでなく他のバイトたちも迷惑を受けると指摘「絶対、講習とかやるじゃん」

前の記事:カンニング竹山、木梨憲武が「赤江珠緒の人気の秘訣」を語っていたと明かす「できないけど堂々と行く」「あれは愛される」

本日の注目記事