TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、大野智が30代後半で嵐脱退を考えたことは「誰しも思うこと」と指摘「疲れたら、一回休むっていう美しさもある」

カンニング竹山、大野智が30代後半で嵐脱退を考えたことは「誰しも思うこと」と指摘「疲れたら、一回休むっていう美しさもある」

2019.01.28 (Mon)
2019年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、嵐の脱退を発表した大野智について、そうした考えは「誰しも思うこと」と指摘していた。



カンニング竹山:まぁ、でもそうなるよね。俺、朝も話してたけどさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:別に、アイドルとか芸能人じゃなくてもさ、普通に行きてて、サラリーマンで生きてたとしても、30後半とかになってくると、「俺の人生、何なんだろう?」って考えてさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「実は俺、ラーメン屋やってみたかった」って、脱サラしたりさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「田舎で暮らしてみたかった」って。

赤江珠緒:なりますよ。

カンニング竹山:いるじゃん、そういう。全員じゃないよ。

赤江珠緒:でね、若い時の夢は夢で、それはそれで情熱かけてたんだけど。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:それでまた10年経つと、10年前と自分自身の考えが全く変わってるってことがありますもんね。

カンニング竹山:あります、あります。

赤江珠緒:あの時、めちゃめちゃやりたいってことが、「今はそうでもない」とかね。

カンニング竹山:興味なくなったりとかね。

赤江珠緒:興味もなくなったりとかね。

カンニング竹山:はい、はい、あります。

赤江珠緒:ありますね。

カンニング竹山:大野君みたいな考えも、よくある。誰しも思うことですね。

赤江珠緒:なんかむしろ、ある意味、それだけ今までのことに精一杯されてきて。そしたら、当然、生まれてくる感情かなっていう。

カンニング竹山:そうだと思うよ。

赤江珠緒:凄くまっとうな感覚のような気も逆にしたりしましたけどね。

カンニング竹山:一生、同じ仕事を一生懸命するっていう美しさもあるし。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:疲れたら一回休むっていう美しさもあるし。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:途中で変えてみるっていう美しさもあるじゃない。

赤江珠緒:うん、うん。

カンニング竹山:その答えは、誰にも分からないもんだから、人生。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:全然いいんじゃないですか。

赤江珠緒:そうですね。

関連記事


嵐の活動休止会見に対する、伊集院光・有吉弘行・カンニング竹山がラジオ番組で語ったトークまとめ

伊集院光、嵐の活動休止について理解「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」

伊集院光、嵐の活動休止会見で辛辣な質問や繰り返しの質問にも真摯に対応していたことに感心「自分だったら、ああは出来ない」

有吉弘行、嵐の活動休止はファンにとってデリケートな問題としてコメントを避ける「これはまだね、様子を見たいと思います」

カンニング竹山、嵐が約2年の猶予を経て活動休止することで「仕事の整理や、ファンの気持ちの整理もつく」と指摘


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,,大野智,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、『ドッキリGP』を見ていて大坂なおみの優勝の瞬間をリアルタイムで見れず後悔「やってたの?」

前の記事:カンニング竹山、嵐が約2年の猶予を経て活動休止することで「仕事の整理や、ファンの気持ちの整理もつく」と指摘

本日の注目記事