TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、キングコング梶原の中田批判が炎上した理由を語る「先輩・後輩をそこで出すのはどうだ?」

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原の中田批判が炎上した理由を語る「先輩・後輩をそこで出すのはどうだ?」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング・梶原雄太の中田批判が炎上した理由を語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:(オリラジ中田敦彦、「ユーチューバーを下に見る」タレントに苦言「下から入っていかないと、履き違えている状態になるよ」)僕がカジサックさんをディスってるみたいな雰囲気になっちゃって、ネットニュースで報じられてしまった時に…まぁ、ちょっとそれはフェイク気味なニュースだったんですけど。

まぁ、カジサックさんは、それにちょっとショックを受けて、ツイッターで反応をしたんですよね。それに対して、「フェイクニュースに対して、そんな反応しちゃダメでしょ」みたいな感じで、カジサックさん叩きみたいなコメントも多かったみたいなんですよ。

それを受けて、カジサックさんが、キングコング梶原さんとして、キングコングさんのYouTubeチャンネルで、「いや、中田ちょっと言い方気を付けた方がいいぞ」という形で動画を上げたところ、さらに梶原さんが結構叩かれてしまう、と。

「先輩・後輩をそこで出すのはどうだ?」と。「カジサックって、元々下から入る新人ってキャラクターなのに、なんで上下関係とかそこで言うの?」とかっていう反論とかも、色々あって。

で、まぁそれを受けて僕としても、これは正直、僕のせいであるところが大きいんですよね。っていうのも、撲きっかけでネットニュースになって。ネットニュースでゴチャつくっていう案件が、まぁ最近の事態じゃないですか。

で、それに対してどう解決というか、マナーを持てば良かったかっていうところが僕は薄くて。言っても、まぁ僕自身のイメージが、やっぱりどうしても過激で、「先輩を先輩とも思わないで、ガンガン言うことを言う」みたいな、キャラクター性がここ2~3年、まぁパンサー向井に言わせればずっとらしいんですけど(笑)

だから、きっと中田がね、またなんか言ってんだろうっていう印象を与えてしまったのは僕のせいだし、それに対してケアをしなかったのは僕のせいだということで、僕はまぁこのラジオで、「謝りたいよ、謝罪行きたいよ」っていうことを言って。

関連記事


オリラジ中田敦彦、キングコング梶原を「本気で怒らせた」自分の認識の甘さについて反省「後輩の甘えだったのかもしれない」

オリラジ中田敦彦vsキンコン梶原、ネットニュースを発端とした仲違いからYouTube対談での和解に至った経緯についてのまとめ

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原を怒らせてしまった誤解を生じさせたネットニュースについて釈明「悪質な切り取り方」

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原のYouTube動画に出演して公開での謝罪を提案「もう全部をリングに上げるしかない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中田敦彦,キングコング,梶原雄太,オリラジ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:オリラジ中田敦彦、キンコン梶原(カジサック)とのYouTube上の謝罪対談で「お膳立て」をしてくれたことに感謝「かなり準備して…」

前の記事:オリラジ中田敦彦、「ユーチューバーを下に見る」タレントに苦言「下から入っていかないと、履き違えている状態になるよ」

本日の注目記事