TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「水道橋博士の番組降板騒動について」

伊集院光が語る「水道橋博士の番組降板騒動について」

2013.06.19 (Wed)
2013年06月17日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、水道橋博士が15日生放送中、橋下徹大阪市長の「小金稼ぎのコメンテーター」発言に反発し、降板を宣言し途中退席した件について語っていた。藝人春秋

伊集院光「水道橋博士の件について、何も触れずに番組の最後になっちゃいましたけどね。…博士が嫌いな人は何をやっても嫌いだよね、ずっと」

「あと、博士が好きな人の中で、博士は好きだけど、今回のことに関して何か疑問があるんなら、もうちょっと待ってみたら、博士は絶対、面白い伝説を見せてくれたりするから、静観すれば良いと思う」

「もともと、博士が好きで格好良いって人は、そのままで良いかなって。それこそ博士は、いい加減な人じゃないって信頼はずっとあるから」

「立場立場でのやり方、みんなのやり方っていうのがあると思うからね。…っていうのが、俺の感じですかね」

【関連記事】
水道橋博士「ビートたけしの漫才師としてのアイデンティティ」

水道橋博士「井手らっきょがたけし軍団でリスペクトされるワケ」

水道橋博士が語る「藝人春秋を書いたワケ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 水道橋博士,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事