TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、キングコング梶原のYouTube動画に出演して公開での謝罪を提案「もう全部をリングに上げるしかない」

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原のYouTube動画に出演して公開での謝罪を提案「もう全部をリングに上げるしかない」

2019.01.10 (Thu)
2019年1月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング梶原雄太のYouTube動画に出演して公開での謝罪を提案していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:それ(オリラジ中田敦彦、キングコング梶原を「本気で怒らせた」自分の認識の甘さについて反省「後輩の甘えだったのかもしれない」)は先輩・後輩、色んな意見があって。YouTubeのコメント欄も、「それは先輩・後輩、厳し過ぎませんか?」って、色んな意見があるんだけど、それは礼儀がどれくらいが礼儀かっていうのも人によるし。「それ、裏でやれよ」って意見もあるわけよ。「そんな先輩・後輩の揉め事、いらないよ」みたいな意見もあるわけ。

でも、これが面白いもんで、そういうのも含めて、もう仕事なんですよ、このタレントって。だって、離婚会見、不倫会見とか、プライベートっちゃプライベートじゃないですか。でも、それも含めて商売にしているところもあるから、それはそれで1個、あるのかもしれない。

このガラス張りの『トゥルーマン・ショー』、やるしかないのかもしれないと思って、俺はこれどうしたもんかな、と動画見て思った上で、分かったと。じゃあ、これはしっかり、梶原さんを不愉快にさせたっていうのと、俺は俺で考えがあって、このラジオのやり方は変えないから、俺のやり方で、梶原さんに対して謝罪したいな、と思うから。

カジサックさんの動画に、出させてもらいに行こうかなと思います。謝罪に行くっていう。で、それをここで宣言することで、ラジオとしてもガラス張りにするし、向こうの動画としてもガラス張りにすることで、裏で「すみませんでした」って電話するだけではつまらないじゃないですか。

だから、それどうなったのかも含めて、win-winにギリ持っていけるかなってことを考えたいので、カジサックさんが好きな食べ物か、飲み物、情報ある人、このラジオにください。それを俺が持ってくから(笑)

入り口ここ、出口が向こうだったら、win-winになるんじゃねぇかなっていうのが、俺の考え。ただ、この切り取り方のネットのやり口っつーのは、俺はよくないなぁと思ってて。落合陽一さんも同じことに苦しんでて。

でもさ、これもある意味、楽しむしかないのかもしれないね。これもある意味、とはいえ見出しだけ見ちゃうもん、俺だって。俺も見出しだけ見て、イラッとしたりするもん。で、見出しだけ見て面白かったりする。

ニーズがあるから、写真週刊誌ってボロクソに言われたけどあるわけ。ニーズがあるから、ネットニュースもあるわけで。それは、まあ面白い時もあるから。不利益、俺が被った時だけふざけんなっていうのも、ちょっとおかしいのかもしれないと思うから。

だったら、もう全部を含めてリングに上げるしかないって思って(笑)ネットニュースもリングに上げるし、梶原さんも、俺もリングに上がって、全員でスパナでどつきあって、最後、花吹雪をもらうしかないんじゃないかなっていうのが俺の考え方なんで、皆さんご協力いただければと思います。

関連記事


オリラジ中田敦彦、キングコング梶原を怒らせてしまった誤解を生じさせたネットニュースについて釈明「悪質な切り取り方」

ナイツ塙、ウーマン村本が政治的な発言を行って物議を醸していることに疑問「村本君は平和にしたいのか、戦争を起こしたいのか」

ウーマン村本、キンコン・ノンスタら同期の中にも上下関係があると指摘「売れた順に舐めてる」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中田敦彦,キングコング,梶原雄太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:岡村隆史、紅白歌合戦のリハでMCとしてタイトルコールを行うボケでSexy Zone中島健人にツッコまれる「岡村さん、違いますよ」

前の記事:オリラジ中田敦彦、キングコング梶原を「本気で怒らせた」自分の認識の甘さについて反省「後輩の甘えだったのかもしれない」

本日の注目記事