TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、「しずちゃんをゲストに呼ぶのもイヤ」だったラジオ番組の代打を「しずちゃんが一番ありがたい」と素直に受け入れられたと告白

山里亮太、「しずちゃんをゲストに呼ぶのもイヤ」だったラジオ番組の代打を「しずちゃんが一番ありがたい」と素直に受け入れられたと告白

2018.12.27 (Thu)
2018年12月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「しずちゃんをゲストに呼ぶのもイヤ」だったラジオ番組の代打を、「しずちゃんが一番ありがたい」と素直に受け入れられたと告白していた。



山里亮太:昔は、本当にしずちゃんをゲストに呼ぶのもイヤがってたじゃない。ラジオにいる時だけ、南海キャンディーズを忘れることができて、ラジオにいる時だけ、あの子に対して優越感を俺は持てるのに、なんでそこの聖域に入れなきゃいれないんだっていうような時期があったじゃない。

そっから雪解けで、ゲストに呼ぶっていう。ゲストに呼んだのも、結構あったじゃない。俺の中で心の葛藤が、ついに。

でも、それぐらい心が近くなってきたんだなって。ヒドイことしてきたからね。『しくじり先生』を見た人とかはね、思うと思うけど、俺は本当に、しずちゃんへの嫉妬から、本当にしずちゃんへヒドイ仕打ちをし続けてきたから。

まぁ、それを反省するっていうのが、『しくじり先生』でやったことなんだけど。『しくじり先生』でも言ったけど、本当に嫉妬で。たとえば、しずちゃんが旅行へ行く時とかに、嫌なメールを送ってみたりとか。しずちゃんに無理難題の宿題を課してみたりとか。嫉妬から、しずちゃんを攻撃し続けて。

そんなことから、やっとしずちゃんが解放されたというか。解放した俺が言うのもなんだけど。俺もなんか、よく分かんない嫉妬の使い方で、しずちゃんを苦しめるのをやめようって思えた。

で、コンビ仲が近づいてきた。このゲストに来た。最終的に、やっぱぶっ倒れた時に、廣重ディレクターから「しずちゃんにお願いしようと思う」って言われた時に、素直に「助かった」と思ったの。

「ありがとう、廣重。しずちゃんいけるかだけ確認してくれ」ってことは言って。で、「しずちゃんがいけるなら、しずちゃんが一番ありがたい」って言ってる自分に「あれ?」って思って。

これ、いよいよ南海キャンディーズとしても向き合えるようになって、「いいもんだなぁ」って思ったの。

関連記事


山里亮太、『しくじり先生』でしずちゃんへ泣きながら謝罪した理由とオードリー若林の反応についてのコメント

山里亮太、しずちゃんが代打を務めたラジオ番組に高評価「面白かったじゃない」

山里亮太、オードリー若林が『しくじり先生』でのしずちゃんへの謝罪を見て「泣きそうになった」と明かす

南キャンしずちゃん、相方・山里亮太が虫垂炎によりラジオ番組のピンチヒッター「まさか2週続けて出演とは」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,しずちゃん,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:柏木由紀、AKB48所属時の契約書に「男女ともに恋愛することは禁止する」と記載されていたと明かす

前の記事:山里亮太、しずちゃんが代打を務めたラジオ番組に高評価「面白かったじゃない」

本日の注目記事