TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、和牛が「新幹線で新ネタ漫才の練習をする」という都市伝説を語るも本人たちが否定「そんな伝説はない」

岡村隆史、和牛が「新幹線で新ネタ漫才の練習をする」という都市伝説を語るも本人たちが否定「そんな伝説はない」

2018.12.21 (Fri)
2018年12月20日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、お笑いコンビの和牛が「新幹線で新ネタ漫才の練習をする」という都市伝説を語るも、和牛本人たちは否定していたとのことについて言及していた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

ネタメール:岡村さんがこの前、ラジオで「和牛は新幹線で移動するとき、座席を3つ取り、真ん中に一般人を座らせて、その一般人を挟んだ状態で、水田さんと川西さんが座り、漫才の新ネタの練習をし、一般人が笑ったら新ネタとして下ろすという和牛伝説があり、この伝説が本当なのか、和牛本人に聞いてみたい」と言ってましたよね。

岡村隆史、和牛がM-1で披露するネタを「新幹線で一般人を挟んでネタ合わせ」して決めているという都市伝説について語る

僕も気になったので、和牛のラジオにメールを送って、直接聞いてみました。ちなみに、和牛のおニ人は「そんな伝説はない」と言ってました。

さらに水田さんが、「こんなことをして、このネタいけるって思うわけないやん」と言っていました。というわけで、この和牛伝説はガセでした。噂って怖いですね。

岡村隆史:やっぱそうかぁ。そらそうやわな。そんなわけないもんね。でもなぁ、こんな噂がほんまにあったのよ。そういうのが。

でも、それぐらいみんなやっぱりね、しっかりこのネタ合わせはするでしょうし。

関連記事


明石家さんま、M-1決勝で「なぜ和牛に入れなかった?」と中川家・礼二に質問したと明かす「ああいう結果になるとは…」

ノンスタ石田、和牛はM-1で漫才をしながらもコント師としての本領を発揮していたと指摘「自分らの演技力が一番活きる形」

ノンスタ石田、和牛のM-1決勝でのネタはコントとしてのクオリティが高すぎて漫才師としては「もう追いつけません」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 岡村隆史,和牛,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN
次の記事:岡村隆史、ジャルジャルがM-1決勝直前でもネタ合わせをしない理由を明かす「ホンマにゲームとしてやってるんです」

前の記事:岡村隆史、NHK紅白歌合戦への出演決定で緊張するも「三浦大知君、DA PUMP、aiko、なんなら出川さんもいてる」

本日の注目記事