TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『エンタの神様』はプロデューサーや放送作家の意向で「やりたくないネタもやらされる」と発言

明石家さんま、『エンタの神様』はプロデューサーや放送作家の意向で「やりたくないネタもやらされる」と発言

2018.12.09 (Sun)
2018年12月8日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、日本テレビ系の番組『エンタの神様』はプロデューサーや放送作家の意向で「やりたくないネタもやらされる」と語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

宮本佳林:小学3年生の時に、ダンススクールに通ってて。

明石家さんま:うん。

宮本佳林:そこの先生が、「アイドルみたいなことをやりたいんだけれども、歌とかダンスじゃ太刀打ちできないから、まずは芸人みたいなことから始めよう」って言い始めて。

村上ショージ:芸人、そんなに甘いもんちゃうぞ。

宮本佳林:ふふ(笑)

村上ショージ:呼んでこい、そいつ。蹴飛ばしたるから。

宮本佳林:ふふ(笑)で、エンタの神様のオーディションを受けに行って。

明石家さんま:おお、小3で?

宮本佳林:小3で。上は、小6で。で、受けに行ったんですけど、こっぴどく怒られて帰ってきました(笑)

明石家さんま:はっはっはっ(笑)

村上ショージ:やったんや。

宮本佳林:普通におしゃべりして、オチに「パンポラピンのパッポッピ」って言っただけなんですけど、凄い怒られました。

明石家さんま:エンタの神様、プロやろ。事務所から推薦してくれはったのか?


宮本佳林:その先生が、事務所の社長さんみたいなもので、ねじ込んでくださったんですね。

明石家さんま:「オーディションだけ行ってこい」と。

宮本佳林:で、先生と一緒に行って。

明石家さんま:そのグループで受けたのか?

宮本佳林:グループで受けました。でも、当時は怒られてるって感覚がないので、みんなでお菓子食べながら帰りました(笑)今思い返すと、恥ずかしくて(笑)

明石家さんま:目に留まらなくてよかったよな。エンタは、プロデューサーとか作家いてて、やりたくないネタもやらされるっていう噂やから。

村上ショージ:そう、そう。

明石家さんま:そういう噂やから。俺は知らないけども。

宮本佳林:ああ。

村上ショージ:まぁ、そのレベルじゃ通してくれんわ。

宮本佳林:凄く怒られましたね(笑)「僕たちの時間をなんだって思ってるんだ」って凄い言われて(笑)

明石家さんま:はっはっはっ(笑)社長も怒られたやろうなぁ(笑)

関連記事


ケンドーコバヤシ、『エンタの神様』における過剰なテロップ・演出は不要だと主張「伝わらないのは出演者の力不足」

ケンドーコバヤシ、『エンタの神様』幻の最終回に出演オファーがあったと明かす「制限なしで、おまかせで」

鈴木拓、『エンタの神様』は相方・塚地がホテルにカンヅメとなってネタを書いた後に収録すると告白「出てきたのを俺が覚えて」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,エンタの神様,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、TOKIO城島茂に「お前の売りはダジャレ」とアドバイスした過去「キャラやろ」

前の記事:明石家さんま、X JAPAN・ToshIが『明石家紅白』で持ち歌『真っ赤なウソ』を歌ってくれたことに感動「凄い嬉しかった」

本日の注目記事