TOPナイナイのANN ≫ ノンスタ石田、和牛はM-1で漫才をしながらもコント師としての本領を発揮していたと指摘「自分らの演技力が一番活きる形」

ノンスタ石田、和牛はM-1で漫才をしながらもコント師としての本領を発揮していたと指摘「自分らの演技力が一番活きる形」

2018.12.07 (Fri)
2018年12月6日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、M-1グランプリ2018で、漫才をしながらもコント師としての本領を発揮していたと指摘していた。



岡村隆史:和牛は、言うたらコント。

石田明:はい。

岡村隆史:暗転やなんや、やったほうが面白くなるかも分からへんけど、それを見せつけないようにする話術を持った、漫才。

石田明:はい。

岡村隆史:コント師やのに、そういう話術を持った、新しい漫才。

石田明:そうなんですよ(笑)だから、凄かったのは和牛で、一本目はちゃんと漫才。掛け合いからしっかりスタートして、漫才を見せるだけ見せるんです。でも、しっかり自分らの演技力が一番活きる形、コントに持って行ってるんですよね。

岡村隆史:くぅ~、あららら。

石田明:NON STYLEがここ入ったら、もう全く勝てないです。

岡村隆史:川西なんかさ、キャラ乗っかってもうてるぐらいのツッコミするやん。

石田明:はい。

岡村隆史:だから、どっちかって言うと、ツッコミを、達者なツッコミをするキャラを演じてんねなって思うときもあるやん。

石田明:はい。

岡村隆史:でもそれは、コントやからや。

石田明:コントで、コントの中にいる、川西のふつふつとした怒りも、表情に滲ませてるというか。

岡村隆史:うわぁ。

石田明:それもうされたら(笑)ふざけんなよって話ですよ(笑)恥ずかしい。「先生」とか呼ばれてるの恥ずかしい(笑)

岡村隆史:ふふ(笑)

石田明:もう、まったくそんな実力ないんですから、私なんか。

関連記事


宮迫博之、M-1の結果に「俺は和牛」とツイートしただけで批判されたと告白「霜降り明星おめでとうなんて、言わずもがな思ってる」

博多大吉、M-1決勝で和牛はとろサーモンの「旅館ネタ」を受けて1本目と2本目を入れ替えたのではと推測「1本目が凄すぎた」

岡村隆史、和牛がM-1で披露するネタを「新幹線で一般人を挟んでネタ合わせ」して決めているという都市伝説について語る


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : NONSTYLE,石田明,M-1,和牛,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN
次の記事:ノンスタ石田、スーパーマラドーナ田中はM-1グランプリ2018で「空気を良くした」功労者であると称賛「田中はほんまに凄かった」

前の記事:ノンスタ石田、M-1グランプリ2018上位3組は漫才から離れながらも「漫才として納得させるネタ」を模索していたと指摘

本日の注目記事