TOPナイナイのANN ≫ ノンスタ石田、ギャロップのM-1敗退の一因は「目線が上手く使えてなかったこと」だと指摘「観客の目線が他に行きやすくなる」

ノンスタ石田、ギャロップのM-1敗退の一因は「目線が上手く使えてなかったこと」だと指摘「観客の目線が他に行きやすくなる」

2018.12.07 (Fri)
2018年12月6日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、M-1グランプリ2018決勝戦でのギャロップ敗退の一因は、「目線が上手く使えてなかったこと」だと指摘していた。



石田明:ギャロップが痛かったのは、前にジャルジャルが出て。

岡村隆史:うん。

石田明:かまいたちの明るさの後に、ほんまにジャルジャルの小学生みたいな、キャッキャした明るさを見たんですよね。

岡村隆史:はい。

石田明:で、元々、このギャロップのネタ自体がそうなんですけど、2人とも伏し目がちになりやすいというか。

岡村隆史:ふふ(笑)

石田明:これはもう、目線の問題なんですけど。

岡村隆史:うん。

石田明:毛利さんは林を見る時に、必然的に身長が低いから、目線が落ちるんですよ。

岡村隆史:下がる、はい。

石田明:林は、元々ツッコミ入る一言目ぐらいが、絶対にマイクを見ちゃうクセがあって。

岡村隆史:うん。

石田明:これって、凄い印象が下がるんですよね。

岡村隆史:ようそんなところ見てんなぁ。

石田明:ふふ(笑)

岡村隆史:ボケる時、クッと下がるっていうね。

石田明:下がって。

岡村隆史:それ、クセやろ?もう。

石田明:クセなんですよ。でも、それって広い会場、準決勝とかはいいんですよ。それは何でかっていうと、舞台上に、この人たちしかいないから。

岡村隆史:うん。

石田明:当然、ここにピントが合うんですよ、お客さんは。そうなんですけど、スタジオって、審査員がおったりとか、近くに芸能人が座ってたりとかするんですよ。

岡村隆史:うん。

石田明:っていうことは、お客さんがピントをどこにでも合わせられるんですよ。

岡村隆史:うん。

石田明:そうなった時に、そういう伏し目がちの時とかって、他に目が行きやすくなるんですよね。

岡村隆史:クッと落とした時に?

石田明:クッと落とした時とか、「フリ、長いな」って時、「この時、審査員どう思ってるんやろ?」って。

岡村隆史:ああ、目線がパッと変わってまうねや。

石田明:200人の内、1人がそうなると、それがずーっと続くわけですから。誰かが見てたりするんで。そんなに集中力がもってない状況になるんですよね。

岡村隆史:かぁ~。

石田明:そこら辺、目線が上手いこと使えてなかったなっていう印象。

岡村隆史:目線が使えてなかった?!

石田明:2人で、内側向いていることが多かったりとか。

岡村隆史:ああ。それなぁ。その分、霜降りの粗品、客席に向かってツッコんだりとか。せいやの方、ただ見てるだけとか。アイツ、考えとんのか。

関連記事


ノンスタ石田、M-1でツッコミが「笑いながらツッコむ」のを観客が許容するようになっている変化を指摘「ここ数年、千鳥さんもそうで」

ノンスタ石田、見取り図のM-1決勝ネタで「あたおか」が大爆笑とまでは至らなかった理由を語る「予備知識が…」

ノンスタ石田、ジャルジャル福徳がM-1決勝で中川家・礼二の高得点評価に涙を浮かべた理由を明かす「漫才じゃないと言われ続け…」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : NONSTYLE,石田明,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN
次の記事:ノンスタ石田、霜降り明星のM-1ネタは観客の視線をせいやに釘付けにする「M-1映えするネタ」であると指摘

前の記事:ノンスタ石田、M-1でツッコミが「笑いながらツッコむ」のを観客が許容するようになっている変化を指摘「ここ数年、千鳥さんもそうで」

本日の注目記事