TOPオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、カズレーザーの「クイズの才能」を目の当たりにして「もう二度と『Qさま』出ない」と決意したことを告白

オリラジ中田敦彦、カズレーザーの「クイズの才能」を目の当たりにして「もう二度と『Qさま』出ない」と決意したことを告白

2018.12.06 (Thu)
2018年12月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、メイプル超合金・カズレーザーの「クイズの才能」を目の当たりにして、「もう二度と『Qさま』出ない」と決意したことを告白していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:カズレーザーって凄くて。カズレーザーが初めて『Qさま』に出る回に、俺、出てたんですよ。

で、前室でカズレーザーと、凄い勉強が得意な、ナポっていう芸人さんかな。めっちゃインテリっていう触れ込みの芸人さんと、カズと俺で。で、その人も初だったし、カズも初で。俺は何度も出てるから、「そうか、初めてなんだ」みたいな。

カズレーザーって、M-1とかで注目され始めた頃で。「どんなやつ?」みたいな、分かんなかったのね。で、「まぁまぁ、頑張ろうよ」みたいな。「できることやるしかないじゃん」みたいな感じで。

「でも、対策一緒に練ろうね」みたいな、やってた上で。「はい」みたいな、ひょうひょうとしてて。それで、いざ出たら、むちゃくちゃ強かったんですよ。とんでもない。「クイズの才能って、これなんだ」っていうぐらい、覚えたことを検索して出すっていう、早押しとかもうめちゃくちゃ慣れてて。

「あ、コイツ凄いクイズ強いんだなぁ」って思って。その瞬間、収録中に「俺、もう二度と『Qさま』出ないでおこう」って思ったんですよ(笑)「これ、出たらダメだな、俺」って。

なんか俺ね、それまで、他にライバルいなかったんですよね。言ったら、宇治原さんしかいなくて。言ったらクイズ芸人で、色んな人いると思うけど、言ったら名前も知れてて、クイズもできてっていう芸人、『Qさま』的には貴重なわけじゃないですか。

で言うと、もう対抗馬=俺みたいな、芸人で言うとね。で、俺が大体、「宇治原さん、世代交代のタイミングが来ましたね」とか言って、ふっかけて、「なんやお前」って言われながら、盛大に負けるっていう、そういう感じでね、なんとなくストーリー作ってたんですけど。

「あ、これ全然違うストーリー始まるわ。俺も俺で、そういうクイズとかよりも、『しくじり先生』とか、おしゃべりとか、プレゼンテーションとか、アカデミックなこととか、ビジネスみたいなこととかに興味持ち始めてたから。

「ああ、俺、ここじゃねぇんだなぁ」って思って。「俺、辞めるわ」ってなったんです。で、後日、「カズ、頑張ってね」みたいな。「俺、もうあそこ行けないし、カズ、あそこ凄い向いてるからね」って言ったの覚えてて。盛大に負けを認めた後輩の一人なんですよ。

関連記事


有吉弘行、カズレーザーがコンビニから殺虫灯が消えた理由をすぐに解説したことに感心「さすが植毛皮肉ジジィと闘ってるだけはある」

島田秀平、メイプル超合金・カズレーザーが事故物件に住んでブレイクしたことに言及「力になってくれる可能性も」

オードリー若林、カズレーザーの出演CMに梅沢富美男が候補に残っていたことに驚く「最終的に、梅沢さんじゃない方が…」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 中田敦彦,カズレーザー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オールナイトニッポン
次の記事:ナイツ塙、M-1決勝のスーパーマラドーナ審査後に武智へ向けて「助手席に乗ってなければ、もう1点あげた」と言いたかったと後悔

前の記事:アンガールズ田中、クロちゃんはTV上のキャラではなく「本当の変態」であると断言「次に警察に捕まる芸能人は、クロちゃんだから」

本日の注目記事