TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、M-1優勝の霜降り明星は南海キャンディーズのライバルとなりうるため「全力でジャルジャルを応援してた」

山里亮太、M-1優勝の霜降り明星は南海キャンディーズのライバルとなりうるため「全力でジャルジャルを応援してた」

2018.12.06 (Thu)
2018年12月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、M-1グランプリ2018で優勝した霜降り明星は南海キャンディーズのライバルとなりうるため、「全力でジャルジャルを応援してた」と明かしていた。



山里亮太:霜降り明星の一本目、とてつもなくウケるわけじゃん。で、巨人師匠もおっしゃってました。「粗品君のツッコミが、新世代の漫才。ツッコミで笑いもとる」っておっしゃってて。

「新世代」って言うとさ、それ、俺もやってたかなって思って。でも、塙さんが「ある時から、ツッコミで笑いとるのが…」みたいなこと言ってくれて。「みんな、俺のこと覚えてくれてるかな」って。

その時、思うわけですよ。ツッコミのフレーズのセンスがあって、ボケで笑いとって、そこにフレーズで笑いとるっていう、このシステム。これは、同じ土俵じゃない。

私、本当に器小さい人間と思わないで欲しい。そうなってくると、ここが優勝すると、ちょっと嫉妬しちゃうじゃん。で、決勝ファイナル三組。和牛、ジャルジャル、霜降り明星。

全力でジャルジャル応援したよね。もう、ジャルジェルってセンスの漫才じゃん。あれはだって、俺もう一生できないから、あんな凄いのは。だから、戦うことはないじゃない、絶対。同じグループに来ないから。

でも、霜降り明星はさ、俺、粗品君と戦う日が来るわけじゃん。あれが平場でもできるだろうし、あの子、凄い器用だから。で、せいやの愛らしさ。それはウチの相方が担うはずの愛らしさみたいな。

で、せいや君の場合は、さらに先輩からめちゃめちゃ愛されるし。あと、これは大阪の人みんな知ってんだけど、ドッキリとか仕掛けられた時のリアクションが、むちゃくちゃいいのね。

劇場とかで、先輩たち仕掛けるドッキリとか、むちゃくちゃいいリアクションするの。ってことは、もうハマるじゃん。で、ネタもしっかりしてる。だから、ジャルジャルに勝って欲しかったっていう。

そういうのを思ってる自分が、凄い情けないなぁなんて思いながら見てたわけですよ。

関連記事


山里亮太、M-1優勝の霜降り明星・粗品が「世代交代の始まりにします」と宣言したことに驚く「時代が動く感じしなかった?」

カンニング竹山、霜降り明星がM-1史上最年少で優勝したことを祝福「時代はこうやって若者に変わらなきゃいけない」

爆笑問題・田中、M-1優勝した霜降り明星は「人気が出そうな、テレビでウケそうな感じがする」と絶賛「可愛らしいね、あの2人」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,霜降り明星,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、M-1優勝の霜降り明星は「南海キャンディーズの理想の形」であると語る「ボケのスピードも速い、ツッコミもウケる」

前の記事:博多大吉、とろサーモン久保田らが上沼恵美子への罵詈雑言を生配信したことに激怒「僕史上、最大級の雷を落としますよ」

本日の注目記事