TOPアッパレやってまーす! ≫ スピードワゴン小沢、M-1決勝で審査員・立川談志に史上最低点「50点」をつけられたと語る「ギャロップに親近感湧いたね(笑)」

スピードワゴン小沢、M-1決勝で審査員・立川談志に史上最低点「50点」をつけられたと語る「ギャロップに親近感湧いたね(笑)」

2018.12.05 (Wed)
2018年12月4日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、M-1グランプリ2018決勝で、審査員・立川談志に史上最低点「50点」をつけられたと語っていた。



小沢一敬:俺、M-1決勝出たの2002と2003だから、もう16年前だよ。

宮迫博之:むっちゃくちゃ負けた時やろ?

小沢一敬:M-1史上の最低点、50点を出しておりますが、なにか?

宮迫博之:はっはっはっ(笑)見たことないよ(笑)

小沢一敬:談志師匠に、50点つけられてます。

宮迫博之:そのエピソード、言うてたやん(笑)

小沢一敬:あの年、俺ら松本さんのつけた点数では、2位か3位なのよ。

松田大輔:ああ。

小沢一敬:談志師匠の50点がなかったら、最後の3組に残れたかもしれないっていう。

松田大輔:厳しかったですね。

小沢一敬:談志師匠、50点つけちゃってさ。だからさ、志らく師匠がギャロップにパッて言った時、親近感湧いたねぇ(笑)

松田大輔:はっはっはっ(笑)

小沢一敬:おう、ギャロップ、君もようこそスピードワゴンの世界に(笑)

関連記事


爆笑問題・太田、とろサーモン久保田がM-1審査員の上沼恵美子を批判したことに「M-1は真剣になりすぎてるきらいがある」と指摘

カンニング竹山、霜降り明星がM-1史上最年少で優勝したことを祝福「時代はこうやって若者に変わらなきゃいけない」

ナイツ塙、M-1グランプリが吉本興業びいきになっていることに疑問「吉本が9、他が1っていうのは?」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : スピードワゴン,小沢一敬,M-1,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:宮迫博之、M-1グランプリ決勝は出番によっても評価が大きく左右されると指摘「やっぱ順番がな」

前の記事:宮迫博之、M-1の結果に「俺は和牛」とツイートしただけで批判されたと告白「霜降り明星おめでとうなんて、言わずもがな思ってる」

本日の注目記事