TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『ひょうきん族』でビートたけしからギャラの安さを同情されて「放送作家としても振り込んでもらった」と告白

明石家さんま、『ひょうきん族』でビートたけしからギャラの安さを同情されて「放送作家としても振り込んでもらった」と告白

2018.11.13 (Tue)
2018年11月10日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、フジテレビ系の番組『オレたちひょうきん族』で、ビートたけしからギャラの安さを同情されて「放送作家としても振り込んでもらった」と告白していた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:俺なんかは、吉本が安かったから、たけしさんが『ひょうきん族』って番組の時に…

佐々木莉佳子:はい。

明石家さんま:「さんま、いくらもらってんの?」「これこれです」って言うて、「え?!ごめんな」って謝って。

佐々木莉佳子:ええ?!(笑)

明石家さんま:なんでたけしさんが謝んのか知らんねんけど。「こんなに頑張ってくれてんのに、そんだけしかもらってないのか」って言うて。

佐々木莉佳子:はい。

明石家さんま:俺は、構成作家として、「杉本高文」として、別に振り込まれてたから。

佐々木莉佳子:へぇ。ああ、そうなんだ。

明石家さんま:それでも、たけしさんが休みがちの時は、「悪いなぁ、そんな安いギャラで、そんな喋ってんのか」って言うて(笑)同情していただいて(笑)

佐々木莉佳子:うん。

明石家さんま:フジテレビが、その同情に、構成作家としてのギャラを振り込んでいただいてたんです。

村上ショージ:その時点でさんまさん少ないって言うんやから、僕らもバーターで出してもらってて。少ないってもんじゃないから、山田邦子さんの給料見て、僕、鼻血出かけ…出ました。

佐々木莉佳子:出ちゃいましたか(笑)

村上ショージ:20何万のアイアン、買ってくれましたから。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)そんなもんですよね。ウチはバーターですからね。吉本でフジテレビさんから、スポンサーさんからギャラをいただいて。そこから、先輩の順番で。俺なんか、色んなコーナーとかやってると、損といえば損なんですよね。

佐々木莉佳子:ああ。

明石家さんま:5分しか出番ないのに、一番高かったり。24時間働き続けても安かったり。そういう、吉本はバーターで売ってましたから。そういうことになって。吉本が救ってくれず、たけしさんが救ってくれて。訳の分からん展開になって。

関連記事


明石家さんま、吉本興業を独立しようと考えたこともあったと告白「吉本の芸人を引き連れて独立…」

明石家さんま、吉本興業を辞めて個人事務所になったら現在のような待遇はないと語る「多分、絶望感…」

明石家さんま、吉本興業がアイドルプロデュースに失敗し続けていると明かす「かなり失敗してきてます」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ビートたけし,ひょうきん族,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、関ジャニ∞大倉がファンによる迷惑行為を明らかにしたことに言及「これ、俺ら普通やったな」

前の記事:ドランク鈴木拓、台本で「芸能界でのランキング」順に出演者が並んだ番組があると暴露「毎回、下から二番目」

本日の注目記事