TOP神田松之丞 問わず語りの松之丞 ≫ 神田松之丞、なぜ伊集院光を怒らせてしまったのか心当たりがないと告白「何でしくじったのか分からないのよ」

神田松之丞、なぜ伊集院光を怒らせてしまったのか心当たりがないと告白「何でしくじったのか分からないのよ」

2018.10.22 (Mon)
2018年10月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週日 23:00-23:30)にて、講談師の神田松之丞が、なぜ伊集院光を怒らせてしまったのか心当たりがないと語っていた。



神田松之丞:で、俺がさ、これ何でしくじったのか分からないのよ。だってさ、そのラジオとの対談の時もさ、終わった後にですよ。一発目で、伊集院さんと会った時も、「また今度話そうよ」なんて話をしたの。

で、『Pen+』の対談、伊集院さんが公式にはヤダって言ってるその内容も、終わった後に「楽しかった。本当楽しかった」って言ったのよ。「楽しかった、本当、楽しかった」って言ってんのよ。「本当」入ってるから。

もしもそこで不愉快だったら、何も言わなくていいじゃん。でも、その時の音源聞いても…みんなには聞かせられないんだけど、本当に楽しそうだったの。「楽しかった、本当、楽しかった」っつってんだよ。

だって、「本当」って入っちゃったら、本当だから、日本語的に(笑)それで「やっぱり楽しくなかった」はないじゃん。それで怒ってんじゃないんだなとは思うんだよね。

だから、何で怒ってる…その建前としては、それなんだけどっていうところでさぁ。難しいなぁ、これ。

『船徳』って落語の中で、急にさ、船頭の親方に呼ばれてさぁ、皆弟子たちがさ、「なんか親方怒ってるらしいぞ」っつって行くのあんのよ。「何怒ってんだろう?」ってみんな行くんだけど。

何に怒られてるか分かんないから行くんだけど、とりあえずその弟子たちがもう先に謝っちゃおうって。「すみません、親方。実は、親方の新造下ろしの船なんですけど、『あれもう絶対、俺が先に乗るんだから、お前ら乗っちゃいけねぇぞ』って言われて、あれ乗っちゃったんですよ。すみません、親方。そのことで怒ってるんですね」って言ったら、「ダメだ、お前。新造下ろしの勝手に乗っちゃ。そんなことあったのか?」「え?これじゃなかったの?」っていう。

それと同じで、これで俺が勇み足して陰で伊集院さんのこと「ちっちゃい」とか言ってたみたいなことが、それで怒ってんじゃねぇかなとかじゃないと思うんだよ(笑)

だからね、俺はね、多分渡辺さんが怒ってる説なんだよ。俺、ラジオの中で、渡辺さんと伊集院さんが、結構まぁガッツリした師弟関係っていうか、ガッツリしたもうなんか関係性みたいなことを言っちゃった。あれ、言っちゃいけなかったかもしれないね。でも、そんなの言っちゃうじゃん。

俺、ラジオ高座だと思ってるから。高座ってのは、別に基本シャレの世界ですから。まぁ、何言ってもいいみたいなさ、許されるみたいなふうに俺は思ってるし。本当の悪口はダメだよ。俺が、前回の爆笑の太田さんに言ったみたいな、本当の悪口はダメだけど(笑)

関連記事


神田松之丞、大ファンである伊集院光から「今後は(対談を行うことは)ない」と宣告されたショックについてのトークまとめ

神田松之丞、伊集院光と爆笑問題・太田にラジオ番組で「ディスられた」ことに言及「なんて大人気ない奴らなんだろう」

神田松之丞、伊集院光に「二度と対談はないですね」とギャグなしで言われたことにショック「カミさんと目を見合わせて」

伊集院光、神田松之丞との対談で「質問に答えず、ずっと質問された」ことで話が違うと感じ「今後はないです」と発言


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 神田松之丞,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  神田松之丞 問わず語りの松之丞
次の記事:神田松之丞、爆笑問題が「若作りしてる」発言は「本当の悪口」だったと認める「っていうボケじゃん」

前の記事:神田松之丞、伊集院光に「二度と対談はないですね」とギャグなしで言われたことにショック「カミさんと目を見合わせて」

本日の注目記事