TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、神田松之丞は講談という「本芸」を守りながらラジオパーソナリティとして人気を博していると称賛「そこは凄い」

伊集院光、神田松之丞は講談という「本芸」を守りながらラジオパーソナリティとして人気を博していると称賛「そこは凄い」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、講談師・神田松之丞は講談という「本芸」を守りながら、ラジオパーソナリティとして人気を博していると称賛していた。



伊集院光:でも、つくづく思うのは…勢いで照れなく言うと、神田松之丞って人の凄いところは、古典の本芸を守りながら、ラジオの人気をやってることだと思う。

俺、途中で投げ出して、ラジオやるしかなくなってるから、そこからラジオとの付き合い方が始まってくるから。それと、全然違うんだよね、なんか。そこは凄いなぁと思った。

こんな、「ラジオパーソナリティにもうなりました」っていう、安全圏から落語の話をしてるわけじゃないから、向こうは。ちゃんと、その古典の講談と向き合いながら、ラジオでも人気になっている人だから。

そういう意味じゃ、全然違うんだなぁと思って。話してると、そういうところはいいなぁって。もし自分が、落語続けてたらできたのかって言ったら、絶対できないやと思って。

だって、こっちはラジオで成功しなきゃ、もうこの世界にいれないっていうところでやってるからさ。むしろ楽じゃん。むしろ楽だし、何でもやるじゃんか。別に、「私は古典をやればいいんでござんす」ってなってればさ、別にラジオもそこまで一生懸命やらないだろうからさ。

本芸が俺、ないから。別に本芸がないところで。他の人は、漫才があって、ラジオやってとかだけど、俺は何もないから。そういう意味じゃ楽なんだよね。全力を尽くすことに関して楽みたいな感じ。

…ギャグなし、別に(笑)別段、ギャグとかはなし。ただ、こういう時にちゃんとね、亀頭を剥き出して喋ってるあたりが、僕は(笑)本当に、誰も見てないのに、亀頭を剥き出して。CMの最後の方、下向いてたでしょ。亀頭を剥き出していました(笑)

これからちょっと、マジなトーンで触れることになっちゃうなっていう、そういう計算でやってますから。そうなっちゃうと、ここは完全に亀頭を剥き出しておかないと、おそらく通の人は、「あれ?ギャグもない上に?亀頭も剥き出してないわけ?」ってなっちゃうことが、僕にはもう、完全にわかってますからね。

関連記事


神田松之丞、伊集院光との対談で『伊集院光とらじおと』以来に会った瞬間「あ、俺やっぱこの人好きだ」と実感したと告白

神田松之丞、伊集院光と『とらじおと』で対談するも『深夜の馬鹿力』で一切触れられなかったことに驚く「無視するっていうね」

神田松之丞、伊集院光が「童貞の味方」として童貞をリスナーとして囲い込んだ過去に疑問「お前、美人妻いるよな。元アイドルの」

伊集院光、神田松之丞との対談で「質問に答えず、ずっと質問された」ことで話が違うと感じ「今後はないです」と発言


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,神田松之丞,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:三遊亭円楽、毎年受けていた呼吸機能検査での異変をきっかけにごく初期の肺癌が発見されたと告白「ちょっと力がなさすぎるから」

前の記事:伊集院光、落語『粗忽長屋』の2人はネット上にもいる「何でも信じるバカ」と「変に説得力と押しが強いけど間違っているバカ」だと指摘

本日の注目記事