TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、NHK島津有理子アナが医師を志した理由を明かす「番組『100分de名著』で『生きがいについて』を読んで」

伊集院光、NHK島津有理子アナが医師を志した理由を明かす「番組『100分de名著』で『生きがいについて』を読んで」

2018.10.02 (Tue)
2018年10月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、NHKアナウンサー・島津有理子が医師を志した理由について語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:NHKで『100分de名著』っていう番組を一緒にやっている、島津(有理子)アナウンサーが急に、「NHKを辞める」って言い出して。

これもすごい話で。きっかけがね、本当、ウソみたいな話なんだけど。『100分de名著』っていうのは、その昔からある本、名著を読んで学んでいく、みたいな番組なんだけど。
で、前々からちょっと気持ちの中にはあったことらしいんだけど。島津アナが、女性アナウンサー、双子、2児の母。もう40歳くらいだよね、多分。その島津アナウンサーが、『生きがいについて』っていう、神谷美恵子さんって方が書いた。もう、ボケを挟む余地がないぐらい真面目な本です。

ハンセン病っていう、国の政策のせいでとても迫害された、そのハンセン病の患者さんたちがいる施設の中で、その病気もそうだし、世の中の差別もそうです。その絶望の中で、それでも生きがいを持って生きている人たちがいる。さあ、人にとって生きがいとはなんだっていうことを書いた本なんですよね。その『生きがいについて』。

生きがいについて


それを、番組の中で学んだわけ。番組の中で学んだときに、その島津さんは「自分はそもそも、やりたかったことは何なんだろう?」っていう深い思いに駆られます、と。

神谷美恵子『生きがいについて』 2018年5月 (100分 de 名著)


で、ちょっと前に言われて、「実は、私はもともとお医者さんになりたかったんだ」と。「お医者さんになりたかったんだけれども、それは早めに諦めて、この道に入っていって、で、そのお医者さんになれるかどうかの可能性に、一度もチャレンジもしないまま、きたんじゃないかっていう気がしてる」って。

で、試しに受験を、医学部を受けてみるって。で、受かっちゃった、と。医学部って、そんな簡単なの?(笑)相当難しいと思ってたんだけど。

俺はね、元々はよく『ブラックジャック』を読んでいた…これ、好きだな俺(笑)最近、これ好きだな(笑)ある意味、ほぼお医者さんだったから、俺なんか分かんだけど(笑)『Dr.NOGUCHI』まで読んでんだから。

Dr.NOGUCHI


『ブラックジャック』は知ってるだろうけど、『Dr.NOGUCHI』に関しては、一度Wikipediaで調べないとわかんない。『第三野球部』描いてた人が描いた、野口英世の物語ですよ。

ほぼ、もう免許がある。医師免許を持ってるも同然ですよ、僕なんかは。『白い巨塔』は見てないです(笑)あと、『白い巨塔』さえ見ればですよ。あとは気軽に、渡辺君の膝辺りを切開手術をしてもいいくらいのことだから。気持ちは分からなくないですけど。

受かっちゃったっていうの。受かっちゃって、やれるだけ、家族の了承も得たから、やれるだけお医者さんを目指してみることにしますって。だって、医学部ってストレートで出ても6年かかるでしょ。俺が、小国小学校6年で出たのね(笑)医学部って、それぐらいかかるって話は聞いてんだよね。

で、あれでしょ。オペったりオペらなかったりするわけでしょうよ。脱脂綿とかあんでしょ?(笑)脱脂綿とか絆創膏とか、イボコロリとか、そういう世界だよ。みんな知らないかもしれない。みんな、そうやって俺みたいに医学を志してないやつには、チンプンカンプンかもしれないけど、そういう。赤チンとかだよ(笑)

ただの勉強だったら4年で大学出れるけども、そこは医学部はいろんなピンセット。そういうのなんだよ、みんな。みんな、そうやってやってなきゃいけないんだよ。そういった上での話だから。

凄い大変なことなんだけど、もうその一念発起してやるって言うんだよ、子育てもしながら。お医者さんになるから、ついては、NHKを辞めますって言いだすわけ。

関連記事


伊集院光、『ソラリス』をテーマにした『100分de名著』で島津アナたち共演者を「ドン引き」させた発言「ヤギのバケモンが…」

伊集院光、NHK女性アナウンサーに心の暗部を覗かせてしまう「醜く生まれた気持ちが分かるか?」

伊集院光、『赤毛のアン』を読んでアンの悲しい境遇に泣いてしまったと告白「セリフがいちいちすげぇ悲しくて」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,島津有理子,100分de名著,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、落語家ではなくタレントをしていることに師匠・三遊亭円楽が「ある意味、今、回り道みたいなもの」と発言していたと明かす

前の記事:伊集院光、三遊亭円楽に「70歳を迎えた記念の会で伊集院に落語を」と言われたことを明かす「師匠、68だからそんな先じゃないじゃん」

本日の注目記事