TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「小林よしのりと高須幹弥氏のAKB論争」

伊集院光が語る「小林よしのりと高須幹弥氏のAKB論争」

2013.04.02 (Tue)
2013年04月01日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、漫画家・小林よしのりが「熱心なファンの思いを削ぐようなことを、金持ちがやってはダメだ」と4月1日のブログで高須クリニックの名古屋院院長・高須幹弥氏を批判した件について語っていた。おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]

事の発端は、高須幹弥氏が「選挙速報で、1位大島、2位渡辺だったら、私は高須砲をぶちこんででも渡辺を1位にする覚悟がある」とCDを大量購入して、渡辺麻友を応援するとブログに書いたことだった。

伊集院光「いろいろ芸能ニュース見てると、AKBの総選挙がまたあるんでしょ?昔だったら、AKBの総選挙って何よっていう話が必要だったけど、今はもはや、むしろ総選挙ブームになるくらいだけどね」

「それに対して、高須クリニックのCMにも出てくる医院長の息子さんがAKBのスゲェファンで、ブログに『巨額をつぎ込んでも渡辺麻友をトップにさせる』みたいなことを書いてて。超AKBファンなんでしょ、あの人」

「センターの大島優子さんが『総選挙とか、もういいや』ってならずに、ちゃんと総選挙に出て、自分の推している子と正々堂々と戦ってほしい、というのがメインの文で。だけど、途中経過を見て、自分の推しているメンバーがトップじゃなかったら、自分の私財をなげうってでもトップにしてみせる、と」

「でもさ、まぁ高須クリニックのお金持ち度合いからしたら、出来ちゃいそうじゃん。1位と2位の差が1万票、2万票、3万票くらいじゃないですか、過去のを見たら。そしたら、3万票でCD1枚が1,000円だとしたら、4,500万円くらい出せちゃうでしょ、この人」

「それに対して、AKBファンの小林よしのりさんが、『けしからん。夢を壊すな』って話をしてるんだけど。それがAKBにすごい思い入れがある人の意見とは別ですけど、それ自体面白いというか。なんかこの感じ見たことあるよなっていう」

さらに、以下のように語っていた。

「昔、俺が小学校くらいのときに、プロ野球のバッジが流行ったの。野球帽かぶっている少年が、野球帽にいっぱいバッジをつけるわけ。自分のファンの球団名が書いてあるのもあれば、球団のマスコットが書いてあるのもあって。たとえば、王さんの"ジャイアンツで1番"みたいなデザインのピンバッジがあって」

「それをみんな帽子にいっぱいつけてコレクションしてるわけ。それでそのまま校庭ですっ転んで頭血だらけになるやつがいたりして(笑)ビックリするくらい血だらけになって、禁止になっていくんだけどね」

「それが駄菓子屋に売ってて、駄菓子屋のクジを引いて当てるワケ。みんなテーマがあって、俺はパ・リーグが好きで、日ハムのはあんまりないわけ。それで当時赤ヘルブームとかきてるから、広島のものとジャイアンツのものが多くて。ジャイアンツのが15種類くらいあったら、日ハムのが3種類くらいで、パ・リーグ全球団で15種類くらいしかないから。俺は『パ・リーグ集めてる』って、少ない小遣いでみんなやっていく中で、中田くんって超金持ちの奴がきて、シートごと買っていくワケ(笑)今で言う箱買い、大人買いをするわけ」

「結局、そいつが大人買いしているだけならいいんだけど、そいつが俺達のコレクションの『○○が埋まった』って話に入ってくるんじゃねぇよっていう。そこに入って来られちゃうと、超つまんないわけ。そいつが入ってきたおかげで、超つまんないってことになるの。俺の中では、『金持ちには、金持ちにとって面白いもの』があんじゃねぇのかっていう。俺らはそれ一生集めないから、ソッチ集めろっていうね」

「だってね、順位変動に関係あると思うから1,000円、1,500円とか出したりするわけじゃん。そこに本人が買うかどうか分からないけど、俺らが想像する高須クリニック財力なら、10万枚で一気にトップもできるんじゃないかって。下手すりゃ、AKBに入ってない子もトップにできんじゃねぇかって額を持ってるのにそこに入ってくるのはナシだなって思う」

「だけど、そこを小林よしのりが否定するっていうのは、おぼっちゃまくんを否定しているっていうのがちょっと面白いっていう(笑)」

「…引いた方から見てれば、小林よしのり氏も小林よしのり氏で、普通の一般のファンからすれば、『なんか調子に乗ってんな、オッサン』って思ったと思うんだよね。少なくとも、『こなくていいよ』って。ましてや一番最初から応援している人とか、コツコツやってる人からしたら『入ってこなくていいよ、俺達の楽園に』ってとこに入ってきてんじゃんって」

「さらに大きな波がきたときに、『お前、洒落わかんねぇな』っていうの、どうしようもないじゃんか。でも、そのいざこざを見てるのは、ちょっと面白い」

【関連記事】
伊集院光「峯岸みなみ騒動で垣間見える秋元康の煽りスキル」

伊集院光「河西智美のヤンマガ・グラビア回収はヤラセではない」

おぎやはぎ「小林よしのりとの論争、恥ずかしい」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : AKB48,小林よしのり,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事