TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、落語家を辞めようとしていた同時期に「オペラ漫談」をしていた黒歴史「恥ずかしい経歴がありまして」

伊集院光、落語家を辞めようとしていた同時期に「オペラ漫談」をしていた黒歴史「恥ずかしい経歴がありまして」

2018.09.25 (Tue)
2018年9月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家を辞めようとしていた同時期に「オペラ漫談」をしていた黒歴史を告白していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今回の(Qさまで)「割腹ものだな」と思ったのは、クラシックの特集なんだけど、今回は葉加瀬太郎さんがその場に来て、葉加瀬太郎さんの解説の下、「歴史に影響を与えたクラシックの音楽家」から出題、みたいな。要するに、全体がクラシック、音楽の特集なわけ。

それで、まぁわかんねぇんだ、全然(笑)そもそも僕のデビューは、落語家の後は、落語家と同時期に、オペラ漫談っていう、まぁ恥ずかしい経歴が(笑)恥ずかしい経歴がありまして。

で、その時にはわりとオペラの勉強したんです。デーモン小暮さんが悪魔であるように、オレはオペラ歌手って嘘をついて。で、あることないこと言うってキャラクターをやるのに、すごいその一生懸命やったんです、クラシックの勉強を。

だけども、これが封印されたと同時に、もうそのさっきの映画のタイトルと一緒で、封印してるから(笑)もうガッチリ封印してるから、そんなことはなかったことになってるんで。脳手術までしたから、焼き切ったから(笑)

「これ以上、ギリまで削ると、この蝶々夫人を全部削ると、サ行がなくなりますけど、大丈夫ですか?」っていう(笑)「サ行と6の段の後半がなくなっちゃいますけど、大丈夫ですか?」っていう(笑)

クラシックわかんない、全然分かんないんです。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、『Qさま』で二問正解しただけで優勝してしまった時の心境を告白「本当に恥ずかしくて(笑)」

前の記事:伊集院光、『Qさま』であまり解答せずに優勝してしまったことで「顔から火が出るぐらい」恥ずかしかったと告白

本日の注目記事