TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「タイムシフトマシンが変える世界」

伊集院光「タイムシフトマシンが変える世界」

2013.03.13 (Wed)
2013年03月11日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、「TOSHIBA REGZA Z7」のタイムシフトマシン機能(複数の地上デジタルチャンネルを、HDD容量の許す限り自動録画し続ける機能)について語られていた。TOSHIBA REGZA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42型 42Z7

伊集院光「録った番組を検索するときに、何を基準にキーワード検索しているかっていうと、関東近県に無数のおじさんがいるらしいよ(笑)結構な量なおじさんが、自分の担当のテレビを観ながら、キーワードと時間をずーっと打ってるんだって」

「データの会社がちゃんとあって、会社のおじさんが何時から何時までキーワードを打って…っていうのをやってて、それを集計してネットで東芝の機械に入れてるらしいんだけどね。そっちのほうに興味があるのと、あと、テレビ好きとしては、タイムシフトマシンみたいな全録が広まった後、社会がどうなるのかってことなんだよね」

タイムシフトマシンが変えたライフスタイル

「俺は、TOSHIBA REGZA Z7を買ってから、テレビを観る量が異常に増えたの。やっぱり、何時から番組を観るって思っても、その時間にあわせて行動するような若さはあまりないんだよね。『何時から〇〇だから観よう』とはならないんだよね」

「だけど、家に帰ってヒマで『何の番組を今日やってたのかな』ってことならテレビを観るし、あと、『友達が一昨日に見た番組で、面白いって言ってたのは、どうかな?』ってことでテレビを観ることになるんだよね。テレビ界にとってスゴイ良いことだと思う」

タイムシフトマシンとCM

「その一方で、『CMをどう見てもらおうか』ってことをきちんとしてもらわないと、この全録レコーダに関しては、今後、発展が妨げられると思うんだよね。テレビ局はそうさせたくないって思うし。だけど、実際は"視聴率"で言えば上がると思うから、CMのあり方を考えるべきだと思うんだよね」

「たとえば、この間、DMMのローラの話をしたんだけど、タイムシフトマシンで『DMM ローラ』で検索するとCMが出てくるわけ。CMとかもそういう面白さをもってくれれば、タイムシフトマシンの世の中はくると思うんだよね」

さらに、以下のように語っていた。

「CMの問題がクリアされていくと、テレビ局側にとってもメリットがあれば、テレビ局と家電メーカーがタッグを組んで全録レコーダの世界にしていこうよ、となるんじゃないかな。『何時から番組があるから』ってことでテレビを観るんじゃない、空いている時間にテレビを観ようってことになった場合、一つの壁は、テレビのゴールデンタイムの価値が下がるってことなんだよね」

「たとえば、どこでもドアが開発された場合、駅前の土地の価値って下がるじゃん。駅前もクソもないんだから。駅から何分もクソもない。ただ単に土地は広さと気候で判断されるくらいのもので、東京の土地よりも、静岡辺りの土地が高くなると思うんだよね。結局、タイムシフトマシンが普及すると、ゴールデンタイムのCMを高くしよう、みたいなことはなくなると思うんだよね。意味が無い。テレビって、結局、何本作れば良いのか分からないってややこしいことが起こってくるね」

「これがテレビ局側と家電メーカー側でwin-winの関係になるって話し合いはしなきゃダメだけど、その後に『各家庭にハードディスクは要る?』って話になってくるでしょ。テレビ局が、全部開放すればいいだけだから、テレビ局にでかいサーバーがあって、そこに保存しておけばいいだけだから。そうすると、このタイムシフトマシンっていうのも、ニッチなものになるのかなって」

Youtubeとテレビ局と家電メーカーと

「もはや、Youtubeに番組がアップロードされてるでしょ。完全に権利関係をクリアするまでは、僕はそれをまるっきり認めることはないけれど、Youtubeに上がってるっていう現状があって。そのYoutubeが動画の前に広告を打っている。『何秒後にしかスキップできませんよ』みたいなCMを打っている。しかも、その広告も興味のあるようなものだったりすると、能動的に観ようかってことにもなる。テレビも、あそこに行かなきゃならないって思うんだよね」

「でも、そうするとDVDでドラマやアニメを売るってことは今後、どうしたら良いのかとか。有料と無料の差はどうしたら良いのか、とか面倒くさい問題が残っているし、売れっ子タレントを抱えてたりすると、(権利問題で)『DVDを買ってくれた人が見られるって分には良いんですけど、サーバーに残されて未来永劫に見られるようになってしまうのは困るんですよね』みたいなのはあるんだけどね」

「前に、ニトリの社長がテレビに出てて、ニトリが価格破壊しているから日本の家具屋はもたない、潰れてしまうって話になって。その時にニトリの社長が『言ってることはごもっともだけれども、ウチからしてみれば、安くて良い物を一般の人に提供しようと思ってるだけ』って言ってて。あと、『そこで、もしニトリが日本の家具屋を助けるために商品を提供しないってことになっても、結局はIKEAが台頭してくるだけで、今更そんな状況ではないってことになる』って言ってて」

「もしそこで大手の家電メーカーとテレビ局が話し合いをせずに、Youtubeみたいなものが『みんな必要としているから』ってことでどんどんデカくなっていくと、結局、既成事実としてあり続けて、何もできなくなってしまうってことにもなりかねない。それに、権利者やテレビメーカーと正々堂々と話しあおうとしないメーカーが『これ別に法律に違反してないですからね』っていう(権利的にグレーゾーンだが)便利なものが出たときに、恐らくそこに持っていかれてしまうと思うんだ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,タイムシフトマシン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事